公益財団法人日本書道教育学会

今月の課題

不二誌2017年4月号の課題を掲載いたします。
お手本はそれぞれの不二誌をご覧ください。

不二誌4月号 競書課題

初級版

半紙 幼年・一年生 幼年・一年生課題
二年生 山川
三年生 工作
硬筆 幼年 さくら
おはなみ
一年生 ともだち
たくさん
二年生 あいさつで一日
がはじまる。
三年生 だれにでも親切
な心がある。
条幅 幼・一年生 ヒバリ
二年生 ツクシ
三年生 春近し

上級版

半紙 四年生 真心
五年生 伝記
六年生 木の芽時
硬筆 四年 日本は、海にかこまれ
た島国です。
五年生 学校の良い伝統を受け
つぎ、守っていく。
六年生 将来の仕事に、大きな
夢を持ち続けよう。
条幅 四年生 水温む
五年生 鳥帰る
六年生 土俵入

中高版

漢字半紙 五段~誌友 萬物生光輝
初段~四段 瑞色含春
10級~1級 八重桜
かな半紙 五段~誌友 半那の色はうつ利尓介利な徒耳我身よ尓ふるな可免世し万尓
初段~四段 梅が香にのつと日の出る山路かな
10級~1級 いろはにほへ とちりぬるを
漢字条幅 初段~誌友 春來喜氣迎涙
10級~1級 再出発
かな条幅 10級~誌友 咲き美ち天庭盛り上留桜草
新和様 初段~八段 約束は易く実行は難し
10級~1級 なの花のとつぱづれ也ふじの山
ペン 初段~八段 月は少し東にあって、だいたい円かった。炎の雲のなかにあって、縁の雲をぽうとぼかしていた。
10級~1級 月夜というものは提灯の要らない夜ということを意味するのだ。
日常の文字を書こう! 桜前線もすぐそこまで。野も山もすっかり春めいて、春眠暁を覚えずとか。心も自然になごみます。

一般版

漢字半紙 準六段~会友 鷸蚌闘江干
準初段〜五段 俯仰廊廟
5級〜1級 人必以謙
10級〜6級 10級〜6級課題
かな半紙 準六段~会友 徒らゆ支 わ可せこ可ころもはる さ免ふることに能へ のみと利所いろまさ 利介類
準初段〜五段 不るとし尓はる多ちける日よめる あ利はらのもと可多 東しのうち尓はる盤支尓介利ひとゝ勢をこ曽とやい者むことしとやい者無
5級〜1級 み可支もる恵し能多久ひ尓あらねと无
われもこゝろ能うち尓こ所於もへ
10級〜6級 いろはにほへとちりぬるをわかよた
新和様半紙 準六段~会友 鶯の谷より出づる声なくば春来ることを誰か知らまし
準初段〜五段 朝日かげとよさかのぼる日の本のやまとの國の春のあけぼの
10級〜1級 行く春を近江の人と惜しみける
漢字条幅 準六段~会友 名園依緑水
準初段〜五段 春潮帯雨晩來急 野渡無人舟自横
10級〜1級 故園花自發
かな条幅 準六段~会友 色も香も同じ昔に咲くらめど年ふる人ぞあらたまりける
準初段〜五段 あたらし支土のに保日の阿可類さ与 公園二來て者るを感する
10級〜1級 桜貝なか支翼の海農本し
新和様条幅 準六段~会友 あたたかき心こもれるふみ持ちて人思ひ居れば鶯のなく
準初段〜五段 この園におほくの梅のありし頃 春やむかしの春ならなくに
実用書 引領俯仰廊廟束帶矜莊,徘徊瞻眺孤陋寡闻愚蒙
細字研究室 1級〜会友 尼佛。及久滅度。多寶如來。亦散一切。諸大菩
薩。及四部衆。又雨細抹。栴檀沈水香等。於虛。
空中。天鼓自鳴。妙聲深遠。又雨千種天衣。垂
諸瓔珞。眞珠瓔珞。摩尼珠瓔珞。如意珠瓔珞。
遍於九方。衆寶香爐。燒無價香。自然週至。供
養大會。一一佛上。有諸菩薩。執持幡蓋。次第
而上。至于梵天。是諸菩薩。以妙音聲。歌無量
頌。讚歎諸佛。爾時彌勒菩薩。從座而起。偏袒
右肩。合掌向佛。而說偈言。
佛說希有法 昔所未曾聞 世尊有大力 壽命不可量
無數諸佛子 聞世尊分別 說得法利者 歡喜充遍身
或住不退地 或得陀羅尼 或無礙樂說 万億旋總持
10級〜2級 延命十句観音経
 観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄
 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心
篆刻 規定 暢神
随意 (好きな語句)
一字書 規定
随意

ぺんの力

普通コース 規定課題 初段〜五段 「桜花(はな)は一本(ひともと)か二本(ふたもと)がよい。そして、淡い夕闇の中で見るのが好きだ。また、さらに、桜花は散りぎわがよい。
5級〜1級 自分の能力を知らずに他人のまねをすると失敗する。
10級〜6級 卯月 東風 (こち) 花衣(はなごろも) 雲雀(ひばり) チューリップ つばくらめ
専攻コース 六段〜会友 阿(あ)羅(ら)堂(た)之(し)支(き)年乃(の)者(は)し(じ)免(め)尓(に)東与能(とよの)と之(し)
志(し)る須(す)と那(な)良(ら)之(し)雪能(の)布(ふ)連(れ)累(る)盤(は)
初段〜五段 正面に待乳山(まつちやま)を見渡す隅田川には夕風をはらんだ帆かけ船がしきりに動いていく。水の面(おもて)の黄昏(たそが)れるにつれて鷗の羽の色が際立って白く見える。
5級〜1級 藤なみの花のむらさき絵にかかば濃き紫にかくべかりけり
10級〜6級 曙分林影外(あけぼのはわかつりんえいのほか) 春盡雨聲中(はるはつくうせいのなか)
曙(あけぼの)は分(わか)つ林影(りんえい)の外(ほか) 春は盡(つ)く雨(う)聲(せい)の中
随意課題 写経研究室 延命十句
つけペン 潮(しほ)碧(あを)しわかめ刈(か)る舟木(こ)の葉(は)の如(ごと)し
筆ペン 〜子育て講座〜
子どもの食を考える

孤食(ひとりで食事)、個食(家族がバラバラのメニュー)、固食(同じものばかり食べる)等、子どもの食の問題について考えます。
日時  4月29日(土)
    午前10時〜12時
会場 区役所8階大会議室
講師 服部雄三氏(料理研究家)
申込み 先着100名
    (電話3860ー4951)
  ☆一時保育希望は先着10名
主催  荒川区子ども家庭部
ボールペン  四月より不二学院大学で日本文学を勉強しています。キャンパスが近いので連休明け頃お寄りしたいと思います。みどり叔母さんがよく行かれる甘味処、古書店があれば教えてください。
〒101−0064
千代田区猿楽町八−三−九
尾花みどり様
伊東市音無町四五〇六
實野芽衣
〒414−0032
専攻コース
(会友〜初段)
つけペン
霧雨(きりさめ)のこまかにかかる猫柳(ねこやなぎ)
つくづく見(み)れば春(はる)たけにけり
専攻コース
(会友〜初段)
筆ペン
ちよだ健康づくりフェスタ
ウォーキング教室
骨盤と股関節を使った正しいウォーキングを
学びましょう。天気がよければ屋外で実施します。
日 時 四月十五日(土)午後二時〜三時
会 場 スポーツ・コミュニティプラザ
講 師 井上 真弓氏(健康運動指導士)
申込み 運動しやすい服装で直接会場へ
主 催 千代田区健康福祉部
専攻コース
(会友〜初段)
ボールペン
 関戸本古今集は数色のつけ染めまたは繊維染めの鳥の子料紙で、紫の濃いものを見開き二枚、薄いものを二枚というように一色の濃淡各二枚ずつを二つ折りにし、その一折りを重ねて糸で綴ったものである。高野切の三種の書風についで習書の亀鑑となっている。