公益財団法人日本書道教育学会

今月の課題

不二誌2017年11月号の課題を掲載いたします。
お手本はそれぞれの不二誌をご覧ください。

不二誌11月号 競書課題

初級版

半紙 幼年・一年生 にじ
二年生 日記
三年生 木がらし
硬筆 幼年 あきのあじ
クリごはん
一年生 ありがとう
ごめんなさい
二年生 九九をぜんぶ言えますか。
三年生 夜には虫たちの声がきこえる。
条幅 幼・一年生 とんぼ
二年生 友だち
三年生 童うた

上級版

半紙 四年生 長崎熊本
五年生 都道府県名
六年生 鹿児島沖縄
硬筆 四年 伝えたいことを、メモに整理する。
五年生 古典は長い年月をへて読みつがれてきた。
六年生 人と自然との共生について考えを述べる。
条幅 四年生 花言葉
五年生 後楽園
六年生 探検隊

中高版

漢字半紙 五段~誌友 清秋竹露深
初段~四段 菊有精神
10級~1級 月飛光
かな半紙 五段~誌友 龍田河もみち八な可るか三那悲の美むろの山耳時雨降らし
初段~四段 いわは奈やこゝ尓もひ登り月の客
10級~1級 能於末万 介阿佐支 遊三志毛
漢字条幅 初段~誌友 空翠落庭陰
10級~1級 菊人形
かな条幅 10級~誌友 あかいつ者支しろい椿と落ち二遣り
新和様 初段~八段 夕焼小焼明日天気になあれ
10級~1級 この道の富士になり行く芒かな
ペン 初段~八段 毎夜、桜の木から蝉が家のなかへ飛びこんで来る。庭へ出たついでに、信吾はその桜の木の下へ行ってみた。
10級~1級 運命に従順な人間の姿は奇妙に美しいものである。
日常の文字を書こう! 漱石の坊ちゃんにも描かれたゆかりの道後温泉は、古湯の町らしい情緒を漂わせています。

一般版

漢字半紙 準六段~会友 慷慨思雄材
準初段〜五段 務茲稼穡
5級〜1級 用筆千古不易
10級〜6級 功績不遑枚挙
かな半紙 準六段~会友 軒も庭もふり埋めける雪の中にいやめづらしき人の音信
準初段〜五段 不る支やまと万ひのうた 志无とゆふ可つら支やま尓不るゆきのま那久と支な久おもほゆる可那
あ不み不り あふ見よりあさ多ち久礼盤宇ねの々に多つ曽な具那る阿介ぬこのよは
5級〜1級 極楽は者る介支本とゝ支ゝし可と徒とめてい多るところな利介利
10級〜6級 以路者尓本邉登千利怒類越王可餘多連曽徒年那羅無有
新和様半紙 準六段~会友 日は入りて潮たゞ青き西の海や片帆あげたる君が舟行く
準初段〜五段 霜晴の日の照る坂に吾が立てば 鴉樹に下りて歩みけるかも
10級〜1級 茶の花や白にも黄にもおぼつかな
漢字条幅 準六段~会友 無是補天餘
準初段〜五段 花間宿鳥振朝露 柳外歸牛帯夕陽
10級〜1級 明月照積雪
かな条幅 準六段~会友 降りつもる雪ふむ磯の浜千鳥浪にしをれて夜半に鳴なり
準初段〜五段 秋萩の花さきにけり
髙砂のをのへの鹿は今やなくらん
10級〜1級 笹鳴や玻璃に頬あて吾を見る子
新和様条幅 準六段~会友 青石のしつとりとした安定感に抱かれてゐるこの気持ちはよい
準初段〜五段 旅の子のふるさとに来て眠るがにげに静かにも冬の来しかな
実用書 文は人なりと昔から言われています 改まった手紙ではそれなりの形式や用句を重んじることが大切です
細字研究室 10級〜2級 延命十句観音経
 観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄
 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心
篆刻 規定 恭則壽
随意 (好きな語句)
一字書 規定
随意

ぺんの力

普通コース 規定課題 初段〜五段 昼が去って、衰えた日影をはや木枯が乱しはじめる。夕方。私の考えはなにもかもが陰気になってしまう。
5級〜1級 親しかった者も遠く離れてしまえば忘れがちになる。
10級〜6級 霜月 小春日和 炬燵 とりのいち はつしぐれ
専攻コース 六段〜会友 無形潛寒暑以化
物是以窺天地
庸愚皆識其端明
陰洞陽賢罕窮
初段〜五段 ある日の暮れ方のことである。ひとりの下人が、羅生門の下で雨やみを待っていた。広い門の下には、この男のほかに誰もいない。
5級〜1級 柿の葉は色づかずして落ちにけり俄かに深き霜や至りし
10級〜6級 黄蘆千里月 紅葉萬山霜
随意課題 写経研究室 延命十句
つけペン 影富士の消ゆくさびしさ花芒
筆ペン 第六十五回 新宿区総合文化祭 美術作品展
 <洋画・日本画・工芸・彫刻・書道〉
 日 時 十一月二日(木)〜六日(月)
     午前十時〜午後五時(最終日は午後四時半まで)
 会 場 朝日ビル七階展示場
     ◎ギャラリートーク 十一月五日(日)午後一時半〜
     ◎入場無料
 主 催 新宿区文化団体連合会
ボールペン お問い合わせをいただきました写経の教材ですが 来月のお稽古の際に般若心経のお手本を幾つか持参します 毛筆用とペン用両方あります 道具をご用意ください
〒347−0010
加須市大桑四―二―一
寺田純様
春日部市梅田五―一―九
飯仁晋哉/〒344−0052
専攻コース
(会友〜初段)
つけペン
月影の澄みわたるかな天の原雲吹きはらふ夜半の嵐に
専攻コース
(会友〜初段)
筆ペン
秋の日帰りバス旅行のご案内
紅葉の秋、皆様との交流を深めながら
楽しい一日を過ごしたいと思います。
ふるってご参加ください。
日  時:11月18日(土) 午前7時30分
〈時間厳守〉
集合場所:山手通り「田中医院」前
行  先: 長野県「入笠山紅葉ゴンドラ」と神秘の「御射鹿池」
費  用:大人5000円
     子供3000円(3歳〜中学生)
申 込 み:10月20日(金) 町会役員まで
主  催:城山町会文化部
専攻コース
(会友〜初段)
ボールペン
元永本古今集は純朴勁直な単独体、散らし書きの変化、さらに料紙の色調に応じた大小の字形、細太の線などに技巧の妙がある。線条は流暢優雅、形態は暢達でむしろ悠長に傾き、洒脱な風、粋な形は行成風と別様の趣を示している。