公益財団法人日本書道教育学会

今月の課題

不二誌2018年7月号の課題を掲載いたします。
お手本はそれぞれの不二誌をご覧ください。

不二誌7月号 競書課題

初級版

半紙 幼年・一年生 七八
二年生 トンボ
三年生 親友
硬筆 幼年 おりひめ
ひこぼし
一年生 ささのは
ねがいごと
二年生 きれいな貝がらを見つけました。
三年生 海にはたくさんの生き物がいる。
条幅 幼・一年生 ヒヨコ
二年生 木かげ
三年生 ひこ星

上級版

半紙 四年生 住めば都
五年生 七夕伝説
六年生 過去未来
硬筆 四年 遠くから船の汽笛の音が聞こえてくる。
五年生 わたしは毎朝、犬を連れて散歩をします。
六年生 オランダには、美しい運河が多く流れている。
条幅 四年生 海開き
五年生 日光浴
六年生 風物詩

中高版

漢字半紙 五段~誌友 孤雲獨去閑
初段~四段 伊勢物語
10級~1級 水滸伝
かな半紙 五段~誌友 閑支利あれ八介ふぬ支捨つ布ち衣者弖なきものは涙成計理
初段~四段 虹を見ておもひくにうつ久し支
10級~1級 さきゆめみし 恵ひもせ寸ん
漢字条幅 初段~誌友 珠履雁行来
10級~1級 室内樂
かな条幅 10級~誌友 夕多遅やその万ゝ暮れてよるのあ免
新和様 初段~八段 雨降って地固まる
10級~1級 能ある鷹は爪を隠す
ペン 初段~八段 食後、外出ができるようになると、すぐ僕は中庭を越えて、隣の家の四階へ上がっていった。
10級~1級 地球の表面は、何枚ものプレートが組み合わさってできている。
日常の文字を書こう! 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 宮崎 大分 鹿児島 沖縄 市町村

一般版

漢字半紙 準六段~会友 幽谷有佳人
準初段〜五段 忠則盡命
5級〜1級 唯鋒不在晝中
10級〜6級 忠則盡命
かな半紙 準六段~会友 きのと无能利
あ万の可盤あさ勢志らなみたと利つゝわ多利者てぬ尓あ介所し尓介る
準初段〜五段 万支毛くのあなし能やまのや末ひとゝひともみる可ねやま可つら世よ
美ちの久のあ多しの末ゆみわ可ひ閑は春恵さへよ利こ之能ひく尓
わ可ゝとの以多遺乃之美川さとゝ保みひとし久末ね者見久さおひ尓介利
5級〜1級 於本曽らにむれ多るたつ能さしな可らおもふこゝろのあ利け那る可奈
10級〜6級 者尓本登利里 可多曽那奈奈 能於末万介阿 (変体仮名)
新和様半紙 準六段~会友 たはむれに母を背負ひてそのあまり軽きに泣きて三歩あゆまず
準初段〜五段 汽車の窓はるかに北にふる里の山見え来れば襟を正すも
10級〜1級 蛍狩われを小川に落しけり
漢字条幅 準六段~会友 追企脩禊事
準初段〜五段 天朗氣清恵風和暢 仰觀宇宙之大
10級〜1級 新竹氣清涼
かな条幅 準六段~会友 しのぶれど色に出でにけりわが恋は物や思ふと人の問ふまで
準初段〜五段 漁火のむ可志の光ほの見江亭あし屋の佐と二飛ふ蛍哉
10級〜1級 笛方のかくれ貌那里たきゝのう
新和様条幅 準六段~会友 夕さればひとりぽつちの杉の樹に日はえんえんと燃えてけるかも
準初段〜五段 山中のしづけき町に蝉のこゑ四方よりそゝぎてくれ入りにけり
実用書 北海道 札幌 旭川 小樽 帯広
青森 黒石 十和田 八戸 弘前
岩手 盛岡 江刺 釜石 花巻
細字研究室 10級〜2級 延命十句観音経
 観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄
 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心
篆刻 規定 鬱林
随意 (好きな語句)
一字書 規定
随意

ぺんの力

普通コース 規定課題 初段〜五段 朝焼小焼だ大漁だ 大羽鰮の大漁だ。浜はまつりのようだけど海のなかでは何万の鰮のとむらいするだろう。
5級〜1級 忍耐することは幸福の基で、その人の一生の宝である。
10級〜6級 風鈴 青鬼灯 日向水 どようなみ くさいきれ
専攻コース 六段〜会友 中務
う久ひ春のこ衛奈可利世はゆ支ゝ要ぬ
やまさとい可亭はるをしら末之
み徒年
可をとめてたれをら佐ら无ゝむめの者那
あや奈しか春み多地な可久し曽
初段〜五段 初めてクレヨンを買ってもらった時壁や戸板にやたらとチューリップの絵をかいた 今、私は口に筆をくわえ やはりチューリップをかいている
5級〜1級 月見草近きところに花咲きて待つ人のある夜のここちする
10級〜6級 相看兩不厭 只有敬亭山
随意課題 写経研究室 延命十句
つけペン みじか夜や浅瀬にのこる月一片
筆ペン 夏休みカヌー教室
水の事故防止とカヌーの基礎技術を学びます
日時 七月二十八日(土)、二十九日(日)の二日間
場所 市民プール
対象 市内在住・在勤の小学五年生から大人まで
定員 十五名(申込み順)
費用 一、〇〇〇円(保険代など)
主催 草加市教育文化振興会
(電話 九九五-一二三四)
ボールペン 猛烈な暑さが続きますが如何お過ごしでしょうか 先日は新鮮な海の幸をありがとうございました 近くに居る母や兄夫婦と美味しくいたゞきました お礼に今朝収穫した西瓜をお送りします 又出張の際はお寄り下さい
〒945−0047
柏崎市比角三―七―五
浮度詩衣様
富里市日吉台八―二四
宇尾試倫
〒286−0201
専攻コース
(会友〜初段)
つけペン
うす暗い曇りの日、桐の梢に蜩が飛んで来た。蜩の鳴く夕方になると、何となく人が恋しいものだ。
専攻コース
(会友〜初段)
筆ペン
史跡めぐり
〜旧日本軍の要塞「猿島」へ〜
台場、要塞時の建造物が残る「猿島」を歩き、横須賀軍港を回ります。
日  時 7月25日(水)午前8時出発
集合場所 区役所北側玄関前
     (貸切バス利用)
対  象 区内在住・在勤の18歳以上の方
     (先着25名)
参加費 8000円(昼食代、保険料含む)
申込み 板橋区教育振興会
     (3964-1275)
専攻コース
(会友〜初段)
ボールペン
近衛信尹は太政大臣竜山公前久の子として生まれた。信長の手によって元服、即日正五位下を受け、後には左大臣にまで上った。寛永の三筆と称された信尹は戦乱の世にあって、和様書風をよくし、世に近衛流と称されている三藐院流の祖となった。