公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

うみ教室 四年生 三原 徹也

うみ教室 四年生 三原 徹也

ぼくは、初めてさいゆうしゅう作品に選ばれました。お父さんから「さいゆうしゅう作品に選ばれたそうだよ。」と聞いた時は、「ほんとに!」と耳をうたがいました。本を見たら、ぼくの書いた「正直」が、のっていました。とてもうれしかったです。みんなからもほめられました。

また、のせてもらえるように、がんばります。

山本教室 六年生 佐藤 琴音

山本教室 六年生 佐藤 琴音

私は今回、最優秀作品に選ばれて、これで二回目です。でも硬筆で選ばれたのは初めてだったので、とても嬉しかったです。

私は半紙より硬筆の方が苦手で、最初はとても大変でした。でも先生が熱心にきれいに書けるコツを教えてくれました。そのおかげで私は最優秀作品に選ばれたと思います。

なので、これからも先生に教えてもらいながら、また最優秀作品に選ばれるように頑張りたいです。

玉野不二教室 四年生 道仙 莉乃

玉野不二教室 四年生 道仙 莉乃

私は、ほいく園の年長から習い始めていて、初めて最優秀作品に選ばれました。最初は、写真がのっている印だったのでさがしてみるとないので、もしかしてと思って最優秀作品の所を開いてみると、私の作品がのっていたのでとてもびっくりしました。

このことを家族に知らせると、とてもよろこんでほめてくれました。

これからも、努力して最優秀作品に選ばれるようにがんばりたいです。

人吉教室 五年生 室井あり沙

人吉教室 五年生 室井あり沙

私は、今回「五月晴れ」という半紙で、最優秀作品に選ばれました。まさか選ばれると思わなかったので、先生に言われた時は、とてもビックリしてうれしかったです。

「五月晴れ」という文字の中で「れ」の文字が一番むずかしかったです。上の文字や、横の文字とのバランスをとるのはとてもむずかしかったですが、先生に教えてもらいながらがんばりました。

これからも、大好きな先生とがんばります。そして次の半紙やこうひつもぜったいに選ばれるように、がんばります。

仙水教室 五年生 筋野 仁香

仙水教室 五年生 筋野 仁香

私は、硬筆で選ばれるのは二回目でした。「公害問題について、クラスの意見をまとめる。」の中でひとつひとつの言葉のバランスがむずかしかったです。特に「公害問題」がむずかしかったです。だけど先生がていねいに細かく教えて下さったので最後にはきれいに書くことができました。

まだ毛筆では選ばれたことがないのでがんばりたいです。