公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

東谷山教室 五年生 浅井 遼輔

東谷山教室 五年生 浅井 遼輔

ぼくは、初めて最優秀作品に選ばれました。先生から聞いたとき、とても信じられなかったです。書道教室でいっしょに習っている友達も喜んでくれました。

この課題でむずかしかったのは、「狩」のバランスです。「犭」が横に大きくなりすぎて「守」が入りきらなかったけれど、練習するにつれて、上手に書けるようになりました。

これからも、最優秀作品に選ばれるように、一生けん命取り組みたいです。

秋山教室 四年生 金谷 実樹

秋山教室 四年生 金谷 実樹

わたしは、今回初めて最優しゅう作品に選ばれました。

「海の日」という課題を見た時、とてもむずかしいと思いました。書いてみると、とくに「海」の「」という部分と「の」の太い部分や力をぬくところもむずかしかったです。でもこのむずかしい課題で選ばれて、とてもうれしかったです。

次回も選ばれるように、もっとがんばりたいと思います。

瑞穂教室 四年生 松井 陽

瑞穂教室 四年生 松井 陽

私は、小学二年生の時から、今の小学四年生まで、ずっと習っていて、初めて最優秀作品に選ばれました。優秀作品には、何回か選ばれていたけど、最優秀作品をめざしてがんばっていたので、私の作品が最優秀作品に選ばれたと聞いた時、とてもうれしくて、ゆめみたいでした。これからも、二度目の最優秀作品をめざして、がんばりたいです。

人吉教室 六年生 新村 庵

人吉教室 六年生 新村 庵

ぼくは初めて最優秀作品に選ばれました。三年生より始めて、半紙、硬筆、条幅をしています。これからも一生懸命がんばります。

石巻教室 四年生 石森ののか

石巻教室 四年生 石森ののか

わたしは、初めて最優秀作品に選ばれました。先生に最優秀作品に選ばれたよと教えてもらって、とてもうれしかったです。

「朝顔市」の中で、特にむずかしかった字は「顔」と言う字です。はらいや点を二画で書くところが、特にむずかしかったです。でも、先生の指導もあり、いっぱい練習をしたら上手に書けるようになりました。

これからも、いっぱい最優秀作品に選ばれるように、先生の指導を聞いて上手に書けるようにがんばりたいです。