公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

紫泉教室 六年生 都竹 菜穂

紫泉教室 六年生 都竹 菜穂

私は、今回初めて最優秀作品に選ばれました。今まで最優秀作品に選ばれた人を見てすごいな、いいな、私も選ばれたいと思っていたので、選ばれたとわかった時ものすごくうれしかったです。家族もとても喜んでくれました。そして、指導してくださった先生には本当に感謝しています。これからも、先生の指導をよく聞いて練習にはげみ、また最優秀作品に選ばれたいと思います。

M東教室 六年生 足立 瑠海

M東教室 六年生 足立 瑠海

私は、今回初めて最優秀作品に選ばれました。先生に選ばれた事を聞いた時は、すごくびっくりしました。「民族衣装」の「族」という字が最初はあまり書けなかったけど、先生がていねいに教えてくれたおかげで最優秀作品に選ばれる事ができたと思います。一生けん命に書いた作品が選ばれて、本当にうれしいです。これからも練習にはげみ、また最優秀作品に選ばれるようにがんばりたいです。

桂碩教室 六年生 小野 晴菜

桂碩教室 六年生 小野 晴菜

今回、習字が最優秀作品になったと知って、私は硬筆でしか最優秀作品に選ばれたことがなかったし、いつも最優秀作品に選ばれるようにがんばってきたので、本当にうれしかったです。「豊年満作」の字は、先生に教えて頂いたところに気をつけながら一点一画、ていねいに書きました。画数の多い「豊」や「満」が難しかったです。

指導して下さった西村先生ありがとうございました。これからもっと努力していきたいです。

最後には、字の形がそろい、勢いのある一枚が書けました。

石巻教室 六年生 伊藤 真菜

石巻教室 六年生 伊藤 真菜

私は最優秀作品に選ばれたのが今回で二回目なのでとてもうれしかったです。

今回の課題は、「府」の左はらいとバランスがむずかしくて、手本を見たり、先生にたくさん直していただいたりしました。

家族に伝えると、「すごいね。」「がんばったね。」とほめてもらったので、うれしかったし、またがんばろうと思いました。

武庫教室 四年生 蓬萊 瑛太

武庫教室 四年生 蓬萊 瑛太

ぼくは、十月号の条幅で最ゆうしゅう作品にえらばれました。だから、今月はこう筆でえらばれたと聞いて、とてもびっくりしました。

四年生になって、課題の字が急に小さくなったので、むずかしくてなかなか上手に書けませんでした。だから、ぼくは先生に教えてもらって、たくさん練習しました。そして今回最ゆうしゅう作品にえらばれたので、とてもうれしかったです。

ぼくは、先生に教えてもらって字を書くのが楽しいです。だからおけいこの日が楽しみです。

これからも、一生けん命に練習して、また最ゆうしゅう作品にえらんでもらえるようにがんばります。