公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

百道教室 新六年生 長谷川真希

百道教室 新六年生 長谷川真希

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。先生から聞いたときは、とてもびっくりしました。

今回の「福引き」は、たて画がまっすぐ書けずお手本どおりに書けなかったのですが、全体的に力強く書こうと意識しました。最優秀作品に選ばれたのは、日々の先生のご指導のおかげだと思います。これからももっと上手になれるよう、がんばっていきたいと思います。

桂碩教室 新四年生 南山 結衣

桂碩教室 新四年生 南山 結衣

わたくしは、硬筆で「今年もお習字がんばるぞ」を書いて、はじめてさいゆうしゅう作品にえらばれて、たいへんうれしかったです。これから、もっともっとがんばって、お手本のようにかけるよう、そうして、毛筆でもさいゆうしゅう作品にえらばれるように、一生けん命練習します。

惠友教室 新六年生 住吉 彩季

惠友教室 新六年生 住吉 彩季

今回、最優秀作品に初めて選ばれて、とてもうれしかったです。

今回の作品では「慣例」の字のバランスがむずかしかったので、先生に何度も教えてもらいました。

先生方のおかげで最優秀作品に選ばれることが出来ました。これからももっと練習をして、また最優秀作品に選ばれるようにがんばります。

せや教室 新四年生 仙田 香乃

せや教室 新四年生 仙田 香乃

私は、今回はじめて最優秀作品にえらばれました。今までがんばって練習してきたので、とてもうれしかったです。しかも硬筆でも優秀作品にえらばれて、さらにびっくりしました。

私は、お姉ちゃんが習字を習っていて、小さいころからずっとやってみたいと思っていました。そして、小学生になりやっと始めることができました。それから毎週楽しくかよっています。

これからも賞をめざして、字をきれいに書けるように努力していきたいと思います。