公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

所沢教室  4年生 大河原楓菜

所沢教室  4年生 大河原楓菜

私は硬筆で最優秀作品に選ばれたのは四回目です。私が硬筆で気を付けている事は、一文字一文字を気を抜かずにていねいに書く事です。これからもていねいに書く事を心がけたいと思います。

毛筆はまだ優秀作品にしか選ばれた事がないので、今度は絶対毛筆で最優秀作品に選ばれるようがんばります。

西山教室  5年生 浅野妃良莉

西山教室  5年生 浅野妃良莉

私は、初めて最優秀作品に選ばれてとてもうれしく思いました。今まで一生懸命がんばってきて、本当によかったです。

これからも、一文字一文字ていねいに書いて練習していき、硬筆だけでなく、毛筆でも最優秀作品に選ばれるようにがんばります。

春光教室  6年生 猪狩 百花

春光教室  6年生 猪狩 百花

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。先生から、最優秀作品に選ばれたと聞いた時は、本当かと思ったけれど、不二誌にのっているのを見て、とてもびっくりしました。今回、最優秀作品に選んでもらうことができたのは、先生のていねいな指導のおかげだと、私は思います。これからも、たくさん練習をして、硬筆以外でも、また最優秀作品に選んでもらえるように、これまで以上にがんばっていきたいです。

若松教室  4年生 福谷 有加

若松教室  4年生 福谷 有加

わたしは、初めて最ゆうしゅう作品に選ばれました。とてもうれしかったです。

「真」という字が大きくなりすぎてむずかしかったけど、お母さんとがんばって練習したので、じょうずに書けました。

これからもがんばって高校生のお姉ちゃんといっしょに練習して、また最ゆうしゅう作品に選ばれたいです。

あと、こう筆もがんばっているので、選ばれたいです。

楡教室  6年生 内村 梨夢

楡教室  6年生 内村 梨夢

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。先生に、「最優秀にのってました。」と言ったら、「すごいじゃん。」と言われたのでうれしかったです。家にかえって、お母さんとお父さんに教えたら、「やったね。」と言われました。

この字で一番むずかしかったのは、漢字です。とくにむずかしかった漢字は、「親」と「愛」と「情」です。まずは、「親」のバランスに気をつけました。次は、「愛情」です。「愛」は、ちっちゃく「心」をかくのがむずかしかったです。「情」は、左側と右側のバランスがむずかしかったです。

私が、一番感謝している人は先生と家族です。先生は、やさしく「こうしたほうがいいよ。」と言ってくれました。本当にありがとうございます。家族は、いつも応えんしてくれました。

本当に、最優秀作品に選んでくださりありがとうございます。これからもがんばります。