公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

仙水教室  6年生 佐藤春太郎

仙水教室  6年生 佐藤春太郎

ぼくは、自分でも最優秀作品に選ばれるとは、思ってもいなかったです。選ばれたと聞いた時、うれしいという気持ちとびっくりという気持ちでいっぱいでした。これで、ぼくの姉にも近づけたかなと思います。ぼくの姉は、ものすごく習字が上手で、すごい賞をたくさんとっています。いつかぼくも、姉みたいに上手な字をえんぴつや筆で書けるようにがんばります。これからも、姉に追いつけるように、せいいっぱい習字をがんばります。

桂碩教室  6年生 松浦 里菜

桂碩教室  6年生 松浦 里菜

私が一番気を付けて書いたところは「安」の「女」の部分です。画数が少ないのでバランスがとりにくかったです。

上手く書けないときもあるけど、上手く書けたときはうれしい気持ちになります。半紙でも最優秀作品に選ばれるように努力したいです。これからも、先生の言うことをよく聞くようにしたいです。ご指導よろしくお願いします。

さく教室  4年生 西 日花莉

さく教室  4年生 西 日花莉

私は、最ゆうしゅう作品に選ばれたのは二回目です。知らせを聞いた時は、「やったー」という気持ちでいっぱいでした。何度も練習をしてがんばりました。坂下先生が、「最ゆうしゅう作品は、なかなか選ばれないからすごいよ。」と言ってくれたので、とてもうれしかったです。これからも、休まずに練習を続けていきます。先生、ありがとうございました。

うみ教室  6年生 草野 寧音

うみ教室  6年生 草野 寧音

私は、最優秀作品に選ばれたのは、二回目です。今回は「科学技術革新」です。

画数が多いので、一画一画バランスをとりながら書きました。「革」という漢字の筆順がとてもむずかしかったです。

最優秀作品に選ばれたのは、二回とも半紙で選ばれているので、次は硬筆で選ばれるように、これからもおけいこをがんばりたいと思います。教えてくれた先生、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

岡山教室  4年生 渡辺茉依子

岡山教室  4年生 渡辺茉依子

私は、最優秀作品に初めて選ばれました。先生から聞いたとき、とてもびっくりしました。今回の作品は、「集」のバランスをとることがむずかしかったからです。先生が何度も教えてくれたことに気をつけて練習をしました。左はらいが良いと書かれていて、うれしかったです。

これからも、たくさん練習をして、先生が教えてくれる字に近づけるようにがんばりたいと思います。