公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

鴻巣教室  5年生 松井 美友

鴻巣教室  5年生 松井 美友

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。先生から聞いたときは、とてもびっくりしたけれどうれしかったです。

今回の作品では、「間」の字のそるところがむずかしかったけれど、あきらめずに書いてよかったです。これからもあきらめないで、最後まで頑張って練習していきたいです。

紅彣教室  5年生 福本たから

紅彣教室  5年生 福本たから

わたしは今回、初めて最優秀作品に選ばれました。

今まで、わたしは字を細く書いていましたが、今回書いた「生命感」の「生」という字は、太く力強く書けました。わたしは今回納得のいく作品を書けたのは五年間の積み重ねだと思います。

わたしは今後も、今回努力した力強さを生かして、半紙や硬筆も選ばれるようがんばります。

秋山教室  4年生 武田 愛莉

秋山教室  4年生 武田 愛莉

わたしは、はじめてさいゆうしゅう作品にえらばれました。聞いたときはびっくりしました。でも、すごくうれしかったです。

先生から「天」の二かく目のところはすくい上げるようにと言われたので、そこにきをつけてかきました。先生におしえてもらいながら練習して、何回もかいたら、この作品を書くことができました。

妹が今5さいなので、らい年から習字をはじめたら、おしえてあげながらがんばりたいと思います。またさいゆうしゅう作品にえらばれるように、たくさん練習してもっとじょうずになりたいです。

春光教室  6年生 猪狩 百花

春光教室  6年生 猪狩 百花

私は、硬筆で最優秀作品に選ばれたのは二回目です。また選ばれたと聞いた時は、とてもうれしかったです。今回の作品も一文字一文字ていねいに、バランスよく書くように、気を付けました。これからも、たくさん練習して、硬筆だけでなく毛筆でも最優秀作品に選ばれるようにがんばります。先生、これからもよろしくお願いします。

千間教室  4年生 長谷川美羽

千間教室  4年生 長谷川美羽

最優秀作品に選ばれたと知ったとき、私はうれしくて「キャー」とさけびました。書道教室に行くのが楽しいことが、上達のポイントです。そしてそれは先生のおかげです。

よくお手本をみて、とめ、はね、はらい、書き始める位置に、気をつけて書きました。

硬筆より半紙の方が苦手なので、次は半紙で選ばれるように、頑張ります。

有馬教室  5年生 瀧深 みゆ

有馬教室  5年生 瀧深 みゆ

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。先生から最優秀作品に選ばれたと聞いたときはびっくりしました。習い始めてから、一年ぐらい選ばれなかったので、家で水の筆で練習しました。この字を書いたとき、「弘」と「法」と「大」がむずかしかったです。「弘」と「法」はバランスがむずかしかったので、バランスに気を付けて書きました。「大」は一画目のそりと右はらいがむずかしかったです。

一生けん命練習して良かったです。これからもがんばり、硬筆と条幅でも最優秀作品に選ばれたいです。

仙水教室  6年生 菅井 悠香

仙水教室  6年生 菅井 悠香

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。先生から聞いた時は、とてもびっくりして声も出ませんでした。今まで最優秀作品に選ばれた人を見てすごいな、私も選ばれてみたいなと思っていたので、選ばれてうれしかったです。

二和教室  6年生 津端 直人

二和教室  6年生 津端 直人

ぼくは、最優秀作品に選ばれたのは、今回が初めてでした。

先生に、「最優秀に選ばれてましたよ!」と言われた時、周りの友達がはく手してくれたので、とてもうれしかったです。

今回ぼくが選ばれたのは、先生がていねいに教えてくれたからだと思います。

毎回実際に書いてくれるので、とても分かりやすいです。

また最優秀作品に選ばれるように、がんばります。

浄教室  5年生 茨木 珠実

浄教室  5年生 茨木 珠実

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。最初、最優秀作品になったことを聞いた時は、初めてでよく意味が分からなかったのですが、後から気づいてすごいと思いました。

私は最近、硬筆をあまりやらずに半紙と条幅をがんばっていました。それで、筆になれたのか、いつの間にか最優秀作品に選ばれていました。今までの練習の成果が発揮出来たのでうれしかったです。

これからも、同じ習字の仲間といっしょにがんばっていきたいです。

香月教室  6年生 小板橋 彩

香月教室  6年生 小板橋 彩

私が最優秀作品に選ばれたのは二回目です。

先生から条幅が最優秀作品に選ばれたと聞いて、まちがいかと思ったぐらいびっくりして、うれしかったです。

「親孝行」では、三文字のバランスと力強さ、線に表情をつけることを意識して書きました。最初はなかなか上手く書けなかったけれど、先生のアドバイスをもとに、たくさん練習し、自分が納得のいく作品ができました。

次は硬筆も選ばれるようにし、毛筆と条幅は二回目の最優秀作品に選ばれるように頑張りたいです。先生、これからもよろしくお願いします。

セタ教室  4年生 中村 梨乃

セタ教室  4年生 中村 梨乃

私は最優秀作品に選ばれたのは二回目です。一回目は硬筆で、今回は条幅で選ばれていました。本当は言葉に出せない位うれしい気持ちでいっぱいなのに、てれてしまってほおを赤らめてしまいました。一番むずかしかったのは、「原」という字のバランスで、何度も書き直しました。

刈谷先生がいつも一人ずつていねいに教えてくれるからだと思います。これからもおけいこをまじめにがんばって、もっと上手になりたいです。