公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

芝蘭教室  新6年生 戸田 結子

芝蘭教室  新6年生 戸田 結子

一年生から書道を習い始め、これまでの先生の教え、私自身の努力と両親からのアドバイスがあったからこそ、最優秀作品に選ばれたのだと、とてもうれしく思います。背筋が伸びる、緊張感のある書道は私の大好きなお稽古です。今回頂いた賞は、私の自信となり、またさらにお稽古が楽しいです。

これからも最優秀作品に選ばれるよう努力していきます。

川園教室  新4年生 坂原 志保

川園教室  新4年生 坂原 志保

わたしは、毛筆で初めて最ゆうしゅう作品に選ばれました。とてもうれしかったです。まさか選ばれると思ってもいなかったので、とてもびっくりしました。

また、毛筆で最ゆうしゅう作品に選ばれるようにがんばりたいです。