公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

ふじ教室  新五年生 敷井 愛美

ふじ教室  新五年生 敷井 愛美

私が最優秀作品に選ばれたのは、今回で二回目です。一回目は、条幅で選ばれました。

今回の作品でむずかしかった所は、「心」という字です。二画目のはねを少し内側に曲げる所を、何度も練習しました。「火」と「心」の点は気持ちをこめて、しっかりと打ちました。

これからもゆっくりと、ていねいに字を書きたいと思います。

秀景教室  新五年生 岸田美月姫

秀景教室  新五年生 岸田美月姫

私は、最優秀作品に選ばれたのは初めてです。すごくうれしかったです。

右はらいは自分できらいだったので、ほめられて自信がつきました。

先生がすごくほめてくれました。それで先生に中筆をもらいました。その中筆は学校で使ったり、習字教室で使ったりしました。

一年生から始めてもう四年がたちます。それで、最優秀作品に選ばれたのは、先生のおかげだとすごく思いました。これからもがんばりたいです。

京生教室  新五年生 正久 愛奈

京生教室  新五年生 正久 愛奈

私は、最優秀作品に選ばれたのは二回目です。

一回目選ばれた時、私は初めて最優秀作品というものを知りました。そしてとても喜び、まさか二回も選ばれるなんて、夢にも思っていませんでした。

ですが、やはり自分の字に対しての反省点は多いです。これからも、苦手な字を直し、自分の字を磨き上げていきたいです。

向原教室  新五年生 青木 莉杏

向原教室  新五年生 青木 莉杏

今回、私は初めて最優秀作品に選ばれたのですが、教室にとっても初めてだと聞いたので、二重にうれしく思いました。

この課題は、となりどうしのバランスに気をつけながら書きました。

また最優秀作品に選ばれるよう、一筆一筆気持ちをのせて書いていきたいです。大好きな習字が、もっともっと上達できるようがんばります。

二和教室  新六年生 田中来瑠未

二和教室  新六年生 田中来瑠未

わたしは、初めて最優秀作品に選ばれました。先生から聞いた時はすごくうれしかったです。「一陽来復」はバランスがとりづらくむずかしいので、最優秀作品に選ばれると思っていなかったのでびっくりしました。習字を習い始めて三年たちますが、最初は上手に書けない時もあったけど、先生がアドバイスしてくれたので、上手に書けるようになりました。次は硬筆でも選ばれるように、たくさん練習をしていきたいです。