公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

セタ教室  4年生 牧内 華乃

セタ教室  4年生 牧内 華乃

わたしは、はじめて最優秀作品にえらばれて、とてもうれしかったです。この賞をいただけたのは、先生にていねいに教えてもらったことをいしきして書けたからだと思います。この賞は、わたしの自信になりました。

これからも、最優秀作品にえらばれるように、お手本をよく見て、先生に教えてもらったことをいしきして書きたいと思います。

紅彣教室  5年生 関氏 美波

紅文教室  5年生 関氏 美波

私は、二年生から習字を始めて、賞状がもらえるような上手な作品を書けるようになりたいと思っていました。「いつかは最優秀作品に選ばれたいな。」という気持ちでがんばってきました。

私は、先生からコツを教えてもらい、たくさん練習し、何枚か賞状をもらうことが出来ました。

そして、四年生の時、とうとう最優秀作品に選ばれました。一生けん命書いた「寒明け」は自分でも満足のいく出来でした。とてもうれしかったです。

またいつか最優秀作品に選ばれるように、これからもがんばります。

二和教室  4年生 板橋 茉怜

二和教室  4年生 板橋 茉怜 二和教室  4年生 板橋 茉怜

私は、さいゆうしゅう作品にえらばれてとてもうれしかったです。毛ひつはうまくかけないから、えらばれるとは思っていませんでした。その前にもこう筆がさいゆうしゅう作品になっていたので、二倍もうれしくなりました。これは先生がていねいに教えてくれたからだと思っています。

三年生から書道を習い始めてまだ思うように書けないので、もっと上手に書けるようにせいいっぱいがんばります。