公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

楽實教室  4年生 林 穂花

楽實教室  4年生 林 穂花

わたしは、はじめて最優秀作品に選ばれました。それを知った時、泣きながらよろこびました。

これも、先生がきびしく教えてくれたからだと思います。

これから、自分に自信を持って字を書いていきたいと思います。

一枚一枚「最優秀作品にのるぞ。」という気持ちで書いていきたいです。

清月教室  4年生 石垣 翔

清月教室  4年生 石垣 翔

ぼくは、最優秀作品に選ばれたと聞いてびっくりしました。初めて選ばれたのでとてもうれしかったです。今回の作品は、「酒」という字の止め・はね・はらいに注意し、中心線に気を付けて何度も練習して書きました。

ぼくがくじけそうになると、いつも先生がやさしく指導してくれるので、今回の結果につながったのだと思います。これからも先生の言うことをよく聞いて、たくさん練習して、また、最優秀作品に選ばれるように頑張ります。

苗間教室  6年生 吉岡 真央

苗間教室  6年生 吉岡 真央

私の作品が最優秀作品に選ばれたことを知り、信じられない気持ちでおどろきました。とても嬉しいです。

このような賞をいただけるのは、毎週細かくていねいに一つ一つの文字を教えて下さる佐藤先生のおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。

私は書道教室に通うのが楽しみです。書くことが大好きなので、これからも自分の納得のできる作品ができるように、練習を積み重ねていきたいです。

小笹教室  6年生 貞末 花歩

小笹教室  6年生 貞末 花歩

この作品では、特に「望遠鏡」という漢字に気をつけて書きました。書き始めたころは行の中心にうまく字が書けませんでした。ですが、お手本の位置を何回も見て一字一字ていねいに書いたら、納得のいく「望遠鏡」が書けました。

これからも、自分が納得できる字を書けるように、日々努力して行きます。