公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

上尾教室  4年生 岸井 里央

上尾教室  4年生 岸井 里央

私は、最優秀作品に選ばれて、とてもうれしかったです。本がくると、どこに私の名前があるか、かくにんします。今回は五枚書いて、先生にえらんでいただきましたが、もう一枚書いてみましょうと言われ、先生のお手本を一字一字見て書きました。次のしょうだんしけんも、頑張って書きたいと思っています。

神べ教室  5年生 福井 理子

神べ教室  5年生 福井 理子

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。選ばれたと言われた時は、今まで習字をがんばってきてよかったと強く思いました。

課題の「流れる雲」は一文字一文字のびのびとした線で書くことを意識し、特に「雲」があまり大きくなりすぎないよう、全体のバランスを注意しました。先生もいっしょに喜んでくれてとてもうれしかったです。

これからも、練習を重ねて良い作品が書けるよう努力しようと思います。

船堀教室  6年生 森 遥奈

船堀教室  6年生 森 遥奈

私は五年生のころから書道を始め、一年もたたずに最優秀作品に選ばれて、信じられない気持ちでいっぱいでした。この作品は、「道」のしんにょうや「漢」のさんずいに気を付けて書きあげました。

一緒に習い始めた友達や、いつも丁寧に教えてくださる先生への感謝を忘れずに、これからも頑張っていきたいです。

和同教室  5年生 小松 あみ

和同教室  5年生 小松 あみ

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。この課題をずっと練習して、バランスに気をつけて、出したものです。最優秀に選ばれたのは、先生がていねいに教えてくれたからだと思います。これからも、最優秀作品に選ばれるようもっと努力し、次は毛筆をがんばっていこうと思います。

M東教室  6年生 山本 彩乃

M東教室  6年生 山本 彩乃

私は最優秀作品に選ばれて、心の中でとてもよろこびました。しかもその時は、しけんかだいだったのでもっとうれしくなりました。色々な所から集まった中で最優秀作品に選ばれたので、もっときれいな字をついきゅうしたいです。1個の目標もたっせい出来たし、大きな夢もかないました。私は先生にもうダメーとか弱ねをはいていたけど、先生の力で、あきらめずに続けると、このようなすばらしい事が起こるんだと感じました。このことから、今まで以上にがんばりたいし、先生みたいに人の力になれる人になりたいので、弱ねをはかずにがんばりたいです。