公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

奈良教室  5年生 別府 璃緒

奈良教室  5年生 別府 璃緒

今回、ぼくは、初めて最優秀作品に選ばれました。画数の少ない字の方がバランスが取りにくく、むずかしかったけれど、最優秀作品に選ばれてとてもうれしかったです。

これからも良い賞を取れるように先生の言うことをよく聞いて、一生けん命れんしゅうしていきたいと思います。

姫春教室  5年生 髙森 美稀

姫春教室  5年生 髙森 美稀

私は、今回初めて最優秀作品に選ばれました。先生から連絡をもらった時は信じられませんでしたが、うれしかったです。

一年生のときに習字を始めたのですが、最初はうまく書けませんでした。

でも、だんだん練習してうまく書けるようになり、先生にほめられながらのおけいこはとても楽しかったです。しかし、課題によって直していきたいところもあるので、もっと練習して、最優秀作品に選ばれるようにがんばりたいです。

川園教室  4年生 坂原 志保

川園教室  4年生 坂原 志保

私は硬筆で二回目の最優秀作品に選ばれました。一番がんばったのは、集中して書いた事です。字の感じが変わるので、集中力を切らさずに書きました。「森林」は、特に気をつけました。全部「木」なので、形、止め、はね、はらいがあるので注意しました。

特にむずかしかったのは「国」です。縦の線がゆがむからです。

次は、半紙で最優秀作品に選ばれるようにがんばりたいです。

上高教室  6年生 松田 麗花

上高教室  6年生 松田 麗花

初めて最優秀作品に選ばれて、うれしかったです。ふだんほめられる機会のない先生から評価のコメントをいただくことができ、新鮮でした。森川先生ありがとうございます。

教室の先生はもちろん、家族や友達にも、「おめでとう!」と言われてうれしかったです。選ばれたことを自信にし、資格試験や書きぞめもがんばっていきたいと思います。