公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

姫春教室  6年生 鬼嶋 葵

姫春教室  6年生 鬼嶋 葵

私は、今まで書道を習ってきた中で、最優秀作品に選ばれたのは初めてです。今まで習ってきて初めてということは、とてもすごい賞をと思うと、まだ実感がわいてきません。これを先生から伝えられた時は、びっくりしました。いつも、大きく書くことをイメージしていますが、今回は少し難しかったです。二回目を目指して、これからも頑張ります。

水豊教室  4年生 石塚 麗

水豊教室  4年生 石塚 麗

私は、二回目の最ゆう秀作品に選ばれて、とてもうれしかったです。

また選ばれるように、がんばりたいと思いました。

これからも、お手本をよく見て、先生が教えてくださった事をよく聞き、落ちついた字を書けるようになりたいです。

佐倉教室  5年生 小川 紗希

佐倉教室  5年生 小川 紗希

私は、初めて最優秀作品に選ばれて、とてもうれしかったです。いつもこの宿題を練習して、字の大きさや形に気をつけて、書いたものです。今まで習字を続けてがんばってきたとすごい思っています。最優秀作品に選ばれたのは、毎日先生がていねいに教えてくれたからだと思います。これからはもっと努力して、また最優秀作品に選ばれたいです。

桑田教室  6年生 山崎 和奏

桑田教室  6年生 山崎 和奏

私は、今回条幅で初めての最優秀作品に選ばれました。今回の文字「決勝戦」では、バランスをとる事、文字の大きさの二つが難しく、今回は紙の中に三つの漢字をおさめる事ができたので良かったと思います。この作品が選ばれたのも今までがんばってきたのもあるし、先生のおかげでもあるので、これからもがんばっていきたいと思っています。