公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

秀景教室  6年生 三宅 珀飛

秀景教室  6年生 三宅 珀飛

私は、最優秀作品に選ばれて、とてもうれしかったです。本がくると、どこに私の名前があるか、かくにんします。今回は五枚書いて、先生にえらんでいただきましたが、もう一枚書いてみましょうと言われ、先生のお手本を一字一字見て書きました。次のしょうだんしけんも、頑張って書きたいと思っています。

青二教室  4年生 奥村 晏

青二教室  4年生 奥村 晏

私は、どんな時でもこのことを思うと、いつも興奮してしまいます。なぜかというと、最優秀作品なんて夢のまた夢だったからです。なので、言葉だけでは表現できないほど、うれしい気持ちです。でも、こうして夢のまた夢だった最優秀作品に選ばれたのは、いつも明るくご指導してくれる先生がいたからだと思います。そして、この勢いで次からもがんばって、先生みたいに明るく元気にはりきっていこうと思いました。

羊教室  5年生 小池 花奈

羊教室  5年生 小池 花奈

私は最優秀作品に選ばれたとき、とてもうれしくて、三年間習字を続けていてよかったなと思いました。

この「独り立ち」という字のむずかしかったことは、「独」という字のけものへんと「立」という字が、くっついてしまうことです。なので、できるようになるまで何回も何回も書きました。そして、ていねいに、ていねいに書きました。そして、最優秀賞作品に選ばれたのでよかったです。でも、写真になって本にのったあと、自分でまだまだ直した方がいい所が、たくさん見つかりました。なのでもっと努力して、あきらめずに書いて、また最優秀作品に選ばれるようにがんばります。

六分教室  6年生 櫻井 心結

六分教室  6年生 櫻井 心結

私は今回、初めて最優秀作品に選ばれました。「祭」と言う字はとても画数が多く、何度練習してもまとまりのない字になってしまいました。ですが、止め、はね、はらいを意識して書きました。これからも、最優秀作品に選ばれたことを自信にし、書道を頑張っていきたいと思います。

佐倉教室  4年生 浅野 心咲

佐倉教室  4年生 浅野 心咲

私は、六回目の最優秀作品に選ばれてとてもうれしかったです。「国立公園」という、漢字四文字を半紙に書くのがむずかしくて名前も入らなかったけど、たくさん練習して入るようになりました。

これから、書初も、良い賞を取れるようにがんばります。そして、また最優秀作品に選ばれるようにがんばります。