公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

秀景教室  新4年生 山賀 叶愛

秀景教室  新4年生 山賀 叶愛

また今度も、さいゆうしゅう作品にえらばれてうれしいです。

一番がんばったところは、「い」の部分です。一画目と二画目を心でつなげて書くことです。そこに気をつけて書きました。これからも、習字をがんばってもっといろんなしょうをとりたいです。

NY教室  新6年生 柳 仁愛

NY教室  新6年生 柳 仁愛

私は、今回初めて最優秀作品に選ばれました。「行進曲」の「進」という字は、しんにょうがあってむずかしかったけど、たくさん書いていくうちにだんだん書けるようになりました。最優秀に選ばれてとてもうれしかったです。

これからも、先生の言うことをよくきいて、お手本をよく見て、また最優秀作品に選ばれるようがんばりたいです。

秀景教室  新5年生 幸平 美桜

秀景教室  新5年生 幸平 美桜

わたしは、習字を習っていてはじめて最優秀作品に選ばれて、とってもうれしかったです。

「最優秀作品だよ。」ときいた時は、びっくりしました。それだけがんばった成果が出たんだと思いました。

これからも、先生のアドバイスをよく聞いて、もっとたくさん賞をとって、うまくなりたいです。

むこ教室  新4年生 宇草 柿乃

むこ教室  新4年生 宇草 柿乃

わたしは、二年生からこう筆習字を習い始めました。わたしは、今回さいゆうしゅう作品にはじめてえらばれました。さいしょ習字の先生に「柿乃ちゃんさいゆうしゅう作品にのってるよ。」といわれた時は耳をうたがいました。なぜなら、そんなすごいしょうをとったことがないからです。学校では、たくさんほめてもらえています。「字がきれいだね。ていねいに書けてるね。」などたくさんほめてもらって、習字を習っていたら字がきれいになるんだなと思いました。わたしのお母さんは習字を習っていたので、とても上手です。でもその字をこえるきれいな字をかけるように、いつも一しょに通ってくれているおばあちゃんとお母さんの字よりもきれいな字が書けるようにがんばります。

渡辺教室  新6年生 花井 優佳

渡辺教室  新6年生 花井 優佳

私は、今回初めて硬筆の最優秀作品に選ばれました。最初聞いたときは、信じられないほどうれしかったです。

書く時に気を付けたのは、漢字とひらがなのバランスです。ひらがなを小さめに書き、余白を意識しました。しかし、名前を堂々と、力強く書けなかったので、次回から気を付けていこうと思いました。

これからも、最優秀作品に選ばれるように、先生の言うことをよく聞き、一生懸命練習をがんばっていこうと思います。