公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

登立教室  6年生 本田 真寛

登立教室  6年生 本田 真寛

私は、最優秀作品に選ばれたことを聞いた時、とてもうれしかったです。今回書いた「満天の星」でむずかしいと思ったところは、「の」のバランスと「天」と「星」の間隔です。「天」と「星」の間隔を取るのは、特にむずかしかったです。線と線が重ならないように、気をつけながら書きました。

最優秀作品になって自分が書く字に、自信が持てるようになりました。これからも習字をがんばって、また最優秀作品に選ばれるようにがんばります。

青空教室  5年生 西畠 光瑠

青空教室  5年生 西畠 光瑠

わたしの作品が最優しゅう作品に選ばれて、すごくうれしかったです。

「七草がゆ」を書いて、とくにむずかしかった字は、「ゆ」の字でした。ほかにも、「が」の字がむずかしかったです。

練習している時は、お手本通りに、きれいに書けるように、一生懸命努力しました。

これからは、もっと上手になって、また最優しゅう作品に選ばれていきたいです。

さいごに、教えてくれた先生、ありがとうございました。

武庫教室  4年生 字草 柿乃

武庫教室  4年生 字草 柿乃

わたしは、二年生からこう筆習字を習い始めました。わたしはお習字の先生から三つほめられることがあります。一つ目はす直な字だね、二つ目はのびのびとした字だね、三つ目はお手本をよく見て書けているね、と言ってもらえます。わたしは先生からこの言葉をもらうと、元気が出て、いつもよりもがんばろうと思います。今回さいゆうしゅう作品にえらばれたのも、先生からもらえるこのまほうの言葉のおかげだと思います。これからももっとたくさんのまほうの言葉をもらえるように、コツコツ練習をしてがんばります。

下田教室  5年生 桑原 由奈

下田教室  5年生 桑原 由奈

私は、初めての最優秀作品に選ばれてうれしかったです。こうひつはとても自信がありました。特に気を付けたところは、ひらがなと漢字の大きさのバランスに気を付けました。最後まで一画一画ていねいに最後の所も気をぬかず、最後までていねいに書けました。また最優秀作品に選ばれるようにがんばりたいです。