公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

仙水教室  4年生 幸村 彩葉

仙水教室  4年生	幸村 彩葉

わたしは、今回二回目の最ゆうしゅう作品に選ばれました。思い通りに書けない日もあったけど、せいいっぱいがんばって書いたのでうれしかったです。「スミレの花」の「花」はなかなかバランスがうまくとれずなやんでいましたが、先生のわかりやすいアドバイスとご指どうのおかげで、こうして最ゆうしゅう作品になれたので、感しゃの気持ちでいっぱいです。これからも文字の一つ一つを丁ねいに書いて、また選ばれるようにがんばります。

詠雪教室  4年生 古宇田和志

詠雪教室  4年生	古宇田和志

ぼくは、初めて最優秀作品に選ばれました。

とても苦手だった条幅でしたが、最優秀作品に選ばれてうれしかったです。

いつも稽古をする時、力強く書けなくて悩んでいましたが、「絶対『植』を力強く書くぞ。」という気持ちで書いたら、迫力のあるどうどうとした作品ができあがりました。

書道が好きになったのは詠雪先生のおかげです。これからも、一生懸命がんばります。

のび教室  6年生 由井希乃香

のび教室  6年生	由井希乃香

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。優秀作品には、何度か選ばれたことはあるけれど、今回一番嬉しかったです。先生から、「すごいしょうを貰ったみたいだよ。」と言われ、みんなより早く不二誌を渡されました。まさか、最優秀作品ではないだろうと、ページをめくると、本当に最優秀作品に選ばれていて、嬉しくて、思わず笑みがこぼれてしまいました。これからも努力を積み重ねて、選ばれるように頑張っていきたいと思います。

藤代教室  6年生 佐藤 瑠哉

藤代教室  6年生	佐藤 瑠哉

僕は今回初めて最優秀作品に選ばれました。先生から教科書を頂き、中を拝見したら自分の字が掲載されていて驚きました。内藤先生に字を教えてもらいがんばって書きました。始めた頃は、上手に書けませんでした。ですが、先生の適切なアドバイスのおかげで最優秀になることができました。感謝の言葉しか出ません。これからもまた最優秀作品に選ばれるようにがんばります。

利根教室  6年生 小林 咲彩

利根教室  6年生	小林 咲彩

小学二年生から利根教室に通っていて、初めて最優秀作品に選ばれました。今回、半紙も優秀作品に選ばれ、二つ写真版に掲載されました。先生に「載ってるよ。」と言われて、見てみたら最優秀作品だったのでびっくりしました。松村先生が、字の形や行書の書き方などていねいに、分かりやすく教えてくださったので、最優秀までいけたのだと思います。これからも、ご指導よろしくお願いします。