公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

Kの教室  5年生 三津谷里菜

Kの教室  5年生	三津谷里菜

私は、今回初めて最優秀作品に選ばれました。選ばれたと聞いた時はとてもうれしかったです。

特に気を付けた事は、漢字、ひらがな、カタカナの大きさのバランスと中心をそろえる事です。

私は字を書く事が大好きなので、次は毛筆でも最優秀作品に選ばれるようにがんばりたいです。

人吉教室  6年生 水野 綾乃

人吉教室  6年生	水野 綾乃

私は半紙で二回目の最優秀作品に選ばれました。画数の多い「重」という字では、バランスが取りにくく、とても難しかったです。

選ばれて、教室の先生にはもちろん、家族にも「おめでとう」と言われてうれしかったです。選ばれたことを自信に、これからも習字を頑張っていきたいと思います。

白鳥教室  4年生 酒井 優月

白鳥教室  4年生	酒井 優月

私は二度目の最優秀作品に選ばれました。じょうふくの「五月雨」では、五、六画目のはねがむずかしかったです。最初は点の向きはとくいじゃなかったけど、先生に六画目の向きを教えてもらったら、できるようになりました。

また最優秀作品に選ばれるように、はらいやとめなどをていねいに書いていきたいです。

書芸教室  4年生 和田 直斗

書芸教室  4年生	和田 直斗

ぼくが、こう筆で最優秀作品に選ばれたのは、これで三回目です。でも半紙では優秀作品にしか選ばれたことがないので、半紙をもっとがんばろうと思います。

これからもたくさん練習して、たくさん賞状をもらえるようになりたいです。そして、お姉ちゃんとお兄ちゃんよりきれいな字を書きたいです。

SC教室  6年生 転法輪さら

SC教室  6年生 転法輪さら

私が、最優秀作品に選ばれたのは二回目です。今回は条幅で選ばれて、とてもうれしいです。「陽」の字は行書で書くのがむずかしかったです。特にこざとへんのところをたくさん練習しました。

書くことが好きで楽しいので、これからも先生に教えていただきながら、努力していきたいと思います。

公津教室  6年生 藤㟢 和海

公津教室  6年生	藤㟢 和海

私は初めて最優秀作品に選んで頂けました。

一年生の時から、芦村先生は「上手に書くわね〜。和海ちゃんは絶対に最優秀作品になれるから頑張って。」と、いつも丁寧に教えて下さり、今回の掲載も一緒にとても喜んで下さいました。先生も家族もすごく喜んでくれて、私の嬉しい気持ちとお習字を頑張る気持ちも、さらにふくらみました。

また掲載して頂けるように、これからも一生懸命取り組みます。ありがとうございました。