公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

香山教室  5年生 内田 真帆

香山教室  5年生 内田 真帆

私は今回で二回目の最優秀作品に選ばれました。本を見たしゅんかん、すごくうれしくなりました。

条幅はとくいで「詩」という字はとくによく書けたと思います。でも、私がここまで書けるようになれたのは、お習字の先生のおかげです。細かく教えてくれた先生には、本当に感謝しています。

私をここまでささえてくれた人たちのためにもっと成長し、もっと上手になりたいです。

佐倉教室  5年生 金子 実央

佐倉教室  5年生 金子 実央

わたしは、二年生から佐倉教室に通っていて、初めて最優秀作品に選ばれました。

始めのころは、「春」の左はらいと、「秋」の右はらいがぶつかってしまうことがあって、はらいを自然に書けなかったけど、先生からアドバイスをいただいて、きれに書けるようになりました。

次の課題は苦手なひらがなをたくさん練習して、また最優秀作品に選ばれたいです。

仙水教室  5年生 田中友梨奈

仙水教室  5年生 田中友梨奈

私は初めて、最優秀作品に選ばれました。二年生から習い始めて、最優秀作品に選ばれるのは初めてだったので、とてもびっくりしたのと同時に、とてもうれしかったです。こうひつでは、お手本と同じように書くのは、とてもむずかしかったです。「大切な」の「大」や、「決めます」の「決」のはらいがとてもむずかしかったけど、なんども練習して、書けるようになりました。

次は、毛筆でも最優秀作品に選ばれるようにがんばっていきたいと思います。

有賀教室  6年生 金井 遊亀

有賀教室  6年生 金井 遊亀

最優秀作品に選ばれて、びっくりした。賞をとれるとは思っていなかったから、とれてうれしかった。

「輝」のへんとつくりのバランスを意識して書いた。最優秀作品に選ばれたからといって特に変わったことはなく、教室で今までどおりに書いている。

もっともっと字が上手くなりたい。