公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

歩々教室 4年生  菅原 夕愛

歩々教室 4年生  菅原 夕愛

三年生から歩々教室で習字を習い、初めての最優秀作品に選ばれることができました。これまで優秀作品には何度か選ばれたことはありますが、最優秀作品のほうこくを先生から聞いた時は、信じられないほどびっくりしました。そしてうれしさがこみあげました。にがてだった「あ」も、先生にアドバイスをしていただいた所に気をつけて書いたので上手に書くことができました。

これからも、課題をたくさん練習して、硬筆でもまた最優秀作品に選ばれるように一生けんめいがんばりたいです。

山手教室 6年生  廣橋 優奈

山手教室 6年生  廣橋 優奈

私は初めて、念願の最優秀作品に選ばれました。母に選ばれたと聞いた時、耳を疑いました。とてもうれしかったです。気を付けたことは、漢字とひらがなのバランスに注意し、余白にも気を付けました。いつも上手に中心がとれないのですが、今回はうまく中心がとれて良かったです。教えてくれる祖母と母に感謝しています。

次は毛筆で最優秀作品に選ばれるように、あきらめず、これからも一生懸命に頑張ります。

吉田教室 5年生  村山 沙和

吉田教室 5年生  村山 沙和

私は、最優秀作品に初めて選ばれて、とてもうれしい気持ちになりました。

上手に書けたところは、字を太く大きく書いたところです。最初は、字のバランスをとるのが難しかったのですが、先生に「あと何センチ、右、左。」と教えてもらいました。先生のおかげで最優秀作品に選ばれたのだと思います。これからも、一生けん命練習して、また最優秀作品を目指してがんばりたいです。

永岳教室 4年生  中嶋 紗彩

永岳教室 4年生  中嶋 紗彩

私は、初めて最優秀作品に選ばれました。今回は、いつもより、たくさん書きました。

筆圧や字の間隔、苦手な文字は特に練習しました。そして最優秀作品のページを見た時、すごくうれしかったです。たくさん練習したところを評価していただき、「練習して良かったな。」と思いました。これからもがんばって、また最優秀作品に選ばれたいなと思いました。