公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

神子教室 三年生 本多 美咲

神子教室 三年生 本多 美咲

わたしは、さいゆうしゅうさくひんに初めてえらばれました。学校から帰ると、お母さんがすぐにえらばれたことを話してくれました。書道教室に入ると先生が「さいゆうしゅうさくひんおめでとう。」と言ってくれました。わたしは、すごくうれしくてたまりませんでした。本を開いて見ると、わたしが書いたさくひんがのっていて、先生が「つぎもがんばろうね。」と言ったので、わたしもこれからももっときれいにていねいに書こうと思いました。これからもがんばります。

奈良教室 幼年 いしむらありさ

奈良教室 幼年 いしむらありさ

わたしはおかあさまのじてんしゃのうしろでさいゆうしゅうさくひんにえらばれるか、どきどきしながらおしゅうじのおけいこにいきました。ほんとうにさいゆうしゅうさくひんにえらばれたのでびっくりしました。またさいゆうしゅうさくひんにえらばれたいので、これからもがんばってれんしゅうをします。

恵風教室 一年生 星川 慧紀

恵風教室 一年生 星川 慧紀

はじめてさいゆうしゅうさくひんにえらばれて、すごくびっくりしました。せんせいやかぞくのみんながほめてくれてうれしかったです。

またさいゆうしゅうさくひんにえらばれるように、いっぱいれんしゅうをしていきたいです。

上紘教室 三年生 重松 歩

上紘教室 三年生 重松 歩

ぼくは、前に、こうひつでさいゆうしゅうさくひんにえらばれたとき、とてもうれしかったです。ふででまたえらばれて、前よりもずっとずっとうれしかったです。とくに「星空」の「星」の同じ間をあけるところがむずかしかったです。ずっとがんばってよかったなと思いました。これからも書道をつづけていきたいなと思いました。

久青教室 三年生 徳富さやか

久青教室 三年生 徳富さやか

私は、はじめて最優秀作品に、選ばれました。その事を聞いて、とてもびっくりしました。先生からアドバイスをもらって集中して書きました。「雨ふり」の「雨」の二画目と三画目を内がわにするように、「ふ」は、下が右上がりになるように教えてもらいました。

学校では、こうひつで金賞を取っているので、習字の教室でもまた最優秀作品に選ばれるようにがんばりたいです。

白鳥教室 幼年 小橋逢結美

白鳥教室 幼年 小橋逢結美

おねえちゃんとおなじ「さいゆうしゅうさくひん」にえらばれてうれしかったです。すこし、びっくりしてどきどきしました。いっぱいれんしゅうをして、またがんばります。