公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌上級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

渋川教室  1年生 おおしまもとひろ

渋川教室   1年生 おおしまもとひろ

ぼくは「一三五」の三もじがきになってむずかしかったけど、がんばってかいて、はじめてさいゆうしゅうさくひんにえらばれてとてもうれしかったです。

つぎは、こうひつでがんばりたいです。

姫春教室  1年生 森 祐輔

姫春教室  1年生 森 祐輔

さいゆうしゅうさくひんにえらばれたのは、はじめてです。しかもやりはじめたばかりです。ふでをたて、45どにおいてよういどんと、ふでをうごかしてかきました。

白鳥教室  幼年 小橋逢結美

白鳥教室  幼年 小橋逢結美

わたしは、さいゆうしゅうさくひんに2かいえらばれて、うれしいです。またこうひつとふでをがんばります。

彩華教室  1年生 わたなべゆきな

彩華教室  1年生 わたなべゆきな

わたしは、さいゆうしゅうさくひんにえらばれて、さいこうにうれしいです。かくことがすきなので、これからもたくさんがんばって、また、さいゆうしゅうさくひんにえらばれたいです。

キミ教室  3年生 黒川 葵一

キミ教室  3年生 黒川 葵一

ぼくは初めて最優秀作品にえらばれました。

「平和」という字の「平」は二、三画目に集中して書きました。「和」はのぎへんの形がつぶれてしまい、上手に書けませんでしたが、先生に教わった方法で練習すると、形のととのった字が書けました。

これからも、最優秀作品にえらばれるようにがんばります。