公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

川園教室  2年生 新藤百々果

川園教室  2年生 新藤百々果

わたしは、三才からおしゅう字をならっています。はじめてさいゆうしゅう作ひんにのったときは、とてもうれしかったです。今回で三回目です。つぎは、毛ひつでさいゆうしゅう作ひんにえらばれたいです。わたしは、おしゅう字が大すきです。これからも、まい日のれんしゅうをがんばります。

川園教室  3年生 坂原 志保

川園教室  3年生 坂原 志保

わたしは、年長からさいゆうしゅう作品にえらばれたいと思っていました。えらばれた時には、とってもうれしかったです。

さい初は、名前を上手に書けなかったけど、さいゆうしゅう作品にえらばれて名前がほめてもらえてうれしかったです。「雨」と「遠」はとくにむずかしかったけど、何回か書いているうちに上手に書けるようになりました。

また、さいゆうしゅう作品にえらばれるようにがんばります。

白鳥教室  3年生 岩下 みい

白鳥教室  3年生 岩下 みい

はじめて、さいゆうしゅう作品にえらばれたので、うれしかったです。「夏」のはらいがうまく書くことができたと思います。またえらばれるように、たくさん練習してがんばりたいです。

道庭教室  2年生 小池穂奈美

道庭教室  2年生 小池穂奈美

わたしは、二回目のさいゆうしゅう作品でした。前はじょうふくだったけれど、こうひつでもえらばれて、とてもうれしかったです。

おけいこの時だけじゃなく、学校でもノートをていねいに書いているので、またさいゆうしゅう作品にえらばれたいです。がんばります。

DP教室  1年生 中条 琉偉

道庭教室  2年生 小池穂奈美

ぼくは、さいゆうしゅうさくひんは二度目です。だけど、もうひつがえらばれなかったから、つぎはさいゆうしゅうさくひんの、もうひつにえらばれたいです。