公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

陽泉教室  1年生 なかむら えま

陽泉教室  1年生 なかむら えま

わたしは、さいゆうしゅうさくひんにえらばれて、とてもうれしかったです。

おおきなかみにかくのは、たいへんだったけどがんばりました。

これからもせんせいにおしえてもらいながら、きれいなじをかきたいです。

秋山教室  3年生 太田 百花

秋山教室  3年生 太田 百花

わたしは、2回目のさいゆうしゅう作品にえらばれました。先生に「さいゆうしゅう作品にえらばれたよ。」と言われて、びっくりしました。とてもうれしかったです。

名前のところがうまく書けないかなと思ったけど、ちゅういに気をつけて書いたら、うまく書けました。「目ざめ」の「目」という字のバランスがむずかしかったです。

これからもしゅう字をがんばって、いい字をかきたいです。

奈良教室  2年生 石村 有紗

奈良教室  2年生 石村 有紗

わたしは、さいゆうしゅう作品にえらばれてうれしかったです。

その日の夜お父様に、

「さいゆうしゅうにのるなんてすごいね。」

といわれました。

このかだいの「に」がさいしょはむずかしかったです。でも、先生がわかりやすく教えてくれたおかげで、さいごは上手に書けました。いつもこの「に」の書き方で文などを書きたいです。