公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

DP教室  幼年 戸張 うたか

DP教室  幼年 戸張 うたか

さいゆうしゅうさくひんにえらばれて、とてもうれしかったです。「ま」の一かくめがむずかしかったです。いっしょにかよっているおねえちゃんが、すごいねっていってくれたから、またがんばります。

広田教室  1年生 三田 真聖

広田教室  1年生 三田 真聖

ぼくは、はじめてさいゆうしゅうさくひんにえらばれて、とてもうれしかったです。きもちをこめて字をていねいにかきました。

これからもがんばります。

浮羽教室 3年生 江田 あい子

浮羽教室 3年生 江田 あい子

わたしは、はじめて最優秀作品にえらばれて、とってもうれしかったです。練習の時、「台風」の字の「ム」のところが、たいへんむずかしかったです。千字文大会の特別賞につづき、最優秀作品にえらばれてほんとうにびっくりしました。わたしはお習字が大好きです。

作品がえらばれたのは、先生のごしどうのおかげだとかんしゃしています。もっともっとがんばって、硬筆でも最優秀作品にえらばれるよう、がんばりたいと思っています。

双葉教室  1年生 なんば りこ

双葉教室  1年生 なんば りこ

わたしは、さいゆうしゅうをもらったとき「やったー。一とうしょうだ。」というきもちになりとてもうれしかったです。せんせいやおかあさんに「じょうずだね。」とほめてもらいました。わたしがきをつけてかいたのは、ますいっぱいに大きくかきました。あさ、がっこうにいくまえにも、れんしゅうをしました。これからもたくさんれんしゅうをして、またさいゆうしゅうがもらえるようにがんばりたいとおもいます。こんどは、はんしやじょうふくでもしゃしんばんになれるようにがんばります。