公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

岡山教室  3年生 有光 しおり

岡山教室  3年生 有光 しおり

わたしは、さいゆうしゅう作品にはじめてえらばれました。びっくりしたけれど、とてもうれしかったです。「春」の字がむずかしかったけど、先生に教えてもらって上手にかけました。次は、こうひつでもえらばれるようにがんばります。

大楠教室  3年生 道下 凛杏

大楠教室  3年生 道下 凛杏

わたしは、はじめてさいゆうしゅう作品にえらばれました。

先生から「さいゆうしゅう作品にえらばれたよ。」と言われて、さいしょはわからなかったけど、お父さんとお母さんに「すごいしょうだよ。」とほめられて、とてもうれしかったです。

つぎの作品もえらばれるように、いっぱいれんしゅうして、もっともっとていねいに、きれいな字を書きたいと思いました。

もうひつもがんばりたいです。

玲水教室  3年生 松岡 麗子

玲水教室  3年生 松岡 麗子

わたしは、一年生の二学期から書道をはじめました。書道に入ったのは、字が上手じゃなかったからです。なのに、三年生になって最ゆうしゅう作品にえらばれました。信じられなかったけど、うれしかったです。