公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

紫光教室  幼年 田形 杏梨

紫光教室  幼年 田形 杏梨

わたしは、二かいめのさいゆうしゅうさくひんに、えらんでもらいました。せんせいもびっくりしていたけど、わたしのほうがもっとびっくりしました。

おおきいじのほうは、カタカナがすこしむずかしかったです。じぶんのなまえは、すごくちいさくかかなければいけないので、むずかしいです。

じをかくのはだいすきなので、これからもいっしょうけんめいがんばります。

紫光教室  2年生 田形 琉人

紫光教室  2年生 田形 琉人

ぼくは、はじめてさいゆうしゅうさくひんに、えらばれました。とってもうれしかったです。いもうとが先にえらばれたので、ぼくはくやしくて、いっぱいれんしゅうをしました。とくにきをつけたことは、字の形です。小さい名まえもむずかしかったけど、お手本をよく見て書きました。

また、さいゆうしゅうさくひんにえらんでもらえるように、がんばりたいです。

あい教室  3年生 三原あすか

あい教室  3年生 三原あすか

わたしは、二回目のさいゆうしゅう作ひんにえらばれて、とてもうれしかったです。

とてもむずかしかったところは、「自」のたて線をまっすぐ書くところです。何回もれんしゅうしてよかったです。三回目もえらばれるようにこれからもがんばりたいです。

泉花教室  3年生 榊原 瑠依

泉花教室  3年生 榊原 瑠依

わたしは、今回、はじめてさいゆうしゅう作品にえらばれました。習字をはじめてから、さいゆうしゅう作品が目ひょうで、わたしもいつかえらばれるぞという気もちで、せいいっぱいがんばってきたので、とてもうれしかったです。

「朝」の字がむずかしかったけれど、先生が「ここをこんなふうにしたらいいよ。」とやさしく教えてくれたので、上手に書けました。もうひつでもがんばります。

浦和教室  3年生 関口 琶子

浦和教室  3年生 関口 琶子

わたしは、はじめてさいゆうしゅう作ひんにえらばれて、とてもうれしかったです。

「小鳥」の「鳥」の字が大きくなりすぎてしまい、バランスをとるのがむずかしかったけど、何度もれんしゅうして書けるようになりました。上手に書けた時は、とてもうれしい気もちになります。

これからもたくさんれんしゅうして、うまく書けるようにがんばります。