公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

紅彣教室 1年生  えまかいと

紅彣教室 1年生  えまかいと

ぼくは、いちねんせいになってしょどうをはじめました。さいゆうしゅうさくひんにえらばれて、おとうさんもおかあさんもとてもおどろいていました。ぼくはとてもうれしかったです。

これからもがんばります。

浦和教室 3年生  関口 琶子

浦和教室 3年生  関口 琶子

今回の作品は、漢字のハライに気をつけて書きました。とくに「川」の字のハライが、とても苦ろうしました。なので、さいゆうしゅう作品にえらばれて、すごくうれしかったです。

今度は、半紙でもえらばれるように、お手本をよく見て、のびのびと名前もていねいに書いていきたいと思います。

文京教室 幼年  鈴木 花帆

文京教室 幼年  鈴木 花帆

わたしは、せんせいからさいゆうしゅうさくひんにえらばれたことをきいたとき、うれしかったです。

ぜんぶのじをがんばりました。

渋谷教室 2年生  花牟禮咲希

渋谷教室 2年生  花牟禮咲希

わたしは、はじめてさいゆうしゅうさくひんにえらばれて、とてもうれしかったです。しょどうを、一年生からならいはじめ、それからは、字を書く時、きれいに書けるようにいしきをするようになりました、これからも、しょどうきょうしつでならい、もっと字がうまくなりたいです。

またえらばれるよう、これからも、字をきれいに書くために力いっぱいがんばります。

セタ教室 1年生  福田 凪紗

セタ教室 1年生  福田 凪紗

わたしは、はじめてさいゆうしゅうさくひんにえらばれて、とてもうれしかったです。

「クラス」という字は小学校がたのしいといいなとおもって書きました。わたしは、しょどうが大好きなのでこれからもがんばりたいです。

紫光教室 幼年  田形 杏梨

紫光教室 幼年  田形 杏梨

わたしは、ねんちゅうからこうひつをはじめました。さいゆうしゅうさくひんにえらばれるのは、こんかいが三かいめです。おなじもじがなんかいもでてくるので、しっぱいしたかみには、なんかいもれんしゅうをしました。つよくおおきくげんきよくかくように、せんせいにいわれました。がんばってかいて、ほんとうによかったです。

もうすぐいちねんせいになるので、しゅうじもがんばります。

天恵教室 2年生  しば 直子

天恵教室 2年生  しば 直子

わたしは、ドイツでおしゅう字をがんばっています。さいゆうしゅうさくひんにえらばれて、うれしかったです。