公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

あい教室 1年生  はまぐちなつき

あい教室 1年生  はまぐちなつき

さいゆうしゅうさくひんになって、かぞくがよろこんでくれました。

「ア」のはらうところや、「キ」のさいごのせんがむずかしかったです。

またえらばれるようにがんばりたいです。

坂城教室 3年生  三井 陽登

坂城教室 3年生  三井 陽登

さい優しゅう作品には二回えらばれ、えらばれた時にはとてもうれしかったです。「風」の字の部首「かぜがまえ」をほめられるような字が書けてよかったと思いました。

ぼくは、ほ育園の年長から習字を兄弟と習っています。それで小学校の友だちから「うまいね。」と言われることがあります。そういう時に、習字をやっていてよかったと思います。

紫光教室 1年生  湯浅 凜音

紫光教室 1年生  湯浅 凜音

わたしは、小学校に入るすこしまえから、こうひつをならっています。きれいなじになりたくてがんばっています。

せん生から、さいゆうしゅうさくひんにえらばれたとおしえてもらったときは、ビックリしました。そしてとってもうれしかったです。これからもがんばります。

五香教室 幼年  むらかみさほ

五香教室 幼年  むらかみさほ

さいゆうしゅうさくひんにえらばれて、すこしはずかしかったけどうれしかったです。のるとおもわなかったので、びっくりしました。

有馬教室 1年生  柴田 敦登

有馬教室 1年生  柴田 敦登

ぼくは、今年の夏から習字を習いはじめました。最優秀作品に選ばれて、すごくびっくりしたし、本当にうれしかったです。先生は、いつもやさしく教えてくれます。うまく書けたときには、「うま〜い!」といってくれます。いっぱい練習して、また最優秀に選ばれたいです。これからもがんばります。