公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

不二誌初級版最優秀作品に選ばれた生徒のよろこびの声を掲載いたします。

白鳥教室 2年生  飯島 宗大

白鳥教室 2年生  飯島 宗大

ぼくは、はじめてさいゆうしゅう作品にえらばれて、すごくうれしかったです。「虫とり」をがんばるぞという気もちで書きました。

これからもいい作品を書けるようにがんばっていきます。

楓教室 2年生  武井 佳音

楓教室 2年生  武井 佳音

さわたしは、さいゆうしゅう作品にえらばれてうれしかったです。わたしは左ききですが、お習字では、がんばって右手で書いています。今回の作品は「さ」と「き」のはねがむずかしかったです。だけど、がんばって書いたので、はねにせいこうしました。つぎは、はん紙やこうひつでもさいゆうしゅう作品にえらばれたいです。だから、がんばってていねいに、バランスに気をつけて書けるようにしたいです。

大部教室 2年生  安井 希々加

大部教室 2年生  安井 希々加

わたしは、さいゆうしゅう作ひんに二回えらばれてうれしかったです。何回もれんしゅうして、とてもきれいに書けたと思いました。家ぞくがよろこんでくれました。またえらばれるようにがんばりたいです。

彦成教室 3年生  山岸 雪音

彦成教室 3年生  山岸 雪音

初めて最優秀に選ばれました。選んで頂いた方々、教えて頂いた先生方にお礼を伝えたいです。

条幅は難しいので選ばれたと知った時はとても驚きました。色々な線があって難しかったけれど、上手く書けて良かったです。

半紙と硬筆でも、最優秀を頂けるように頑張ります。

長沢教室 3年生  佐藤 結衣

長沢教室 3年生  佐藤 結衣

私は、はじめてさいゆうしゅう作品にえらばれて、とてもうれしかったです。お手本を何度もかくにんして、ていねいに書きました。がんばった所は、字の大きさのバランスです。こん度は、半紙がさいゆうしゅう作品にえらばれるようにがんばりたいです。

柏中教室 2年生  まつながいつ花

柏中教室  2年生  まつながいつ花

わたしは、さいゆうしゅうにえらばれたのは二回目です。一回目は一年のときでした。でも、もっとさいゆうしゅうにえらばれたいです。たくさんれんしゅうをして、よかったな、と思いました。

上紘不二教室 幼年  三木 慎子

上紘不二教室 幼年  三木 慎子

わたしは、さいゆうしゅうさくひんにえらばれて、びっくりしました。先生がよろこんでくれました。先生のえ顔を見たらわたしもたいへんうれしくなりました。これからもいっぱいれんしゅうをがんばります。えらんでくれた先生、ありがとうございました。