公益財団法人日本書道教育学会

ぺん師範コース

卒業までの流れ

ぺん師範コース卒業までの流れ
  • カリキュラムは4ヶ月を一期とし、基礎科8ヶ月・専攻科1年4ヶ月の計2年で構成されます。
  • クラスは時間割によって同じ基礎 I でもいくつもの時間帯が用意されておりますのでご都合のいい時間帯をお選び下さい。
  • 2年間の過程を修了すると書学院卒業となります。同時に希望者には師範試験を受験し、師範認定を受けることができます。

基礎 I :(4か月)週1回 120分

ペン字の基本:楷書・行書・ひらがなの単体からカタカナまで

大きくのびのびと書くことにより、文字の構成の理解を深め字形のとり方を学びます。特に楷書では結構法について詳細に学習し、ひらがなの単体に重点をおきます。さらに行書の基本を徹底的に学びます。美しい手紙の書き方を始め、実用書式についても学習します。

教材:ペンマンシップ

基礎 II :(4か月)週1回 120分

かなの連綿、行書、実用書式、俳句、短歌、漢詩を書く

かなの美しさは、連綿が自由に書けることが肝要です。そのために連綿の学習を徹底的に行います。更にその応用編として手紙文やはがき文などを勉強します。その他伝言メモ、議事録など実用書式を幅広く取り上げて、縦書き横書きなどを学習します。俳句・短歌や漢詩などの書き方も学習します。

教材:ペンマンシップ・ペン習字教育講座(下巻)

専攻 I :(4か月)週1回 120分

実用書、かなの散らし書き、古典の臨書、レポートを書く

横書きを中心に、漢字・かな交じり文を学習します。また俳句・短歌や漢詩など実用書以外のペン字独特の風雅な作品作りに取り組みます。さらにかなの散らし書きも寸松庵色紙などの古典学習を通して発展させます。各種用具(筆ペン・ラウンドペン・つけペン等)を使用してペン字作品の創作にも取り組みます。レポートの書き方も勉強します。

教材:ペン習字教育講座(下巻)

専攻 II :(4か月)週1回 120分

古典に基礎を置いたかな、変体がな、草書、実用書(筆ペン使用)

速書きの練習や、草書を学習、幅広い創作、古典に基礎をおいたかな、変体がなも学習します。実用書式を離れ、漢字の古典、蘭亭叙・集字聖教序・枯樹賦・書譜やかなの古筆、高野切を学習し、古典の表現を取り入れて高度な技術の習得を目指すと共に師範取得にふさわしい実力を身につけます。卒業の際の作品制作にも取り組みます。

教材:ペン習字教育講座(下巻)、ペン字精習(下巻)

専攻 III :(4か月)週1回 120分

>

卒業制作

卒業書作展に出品するための作品制作を行います。

専攻 IV :(4か月)週1回 120分

師範試験対策

師範試験に向けての学習をします。

師範試験

書学院卒業予定者および書学院卒業生が師範試験を受験する場合、普通に全国書道検定試験を受験されるよりも免除される項目が多くなります。すなわち、筆記試験の「書道史及び書論その他」のみを提出すればよく、しかも自宅で受験することができます。

通常1月中旬に検定試験の問題を発送いたします。1月末から2月にかけての締切日までに書学院まで御返送いただくか、またはご持参ください。

詳しくは、師範試験が近づき次第、順次発表いたします。

師範試験に合格された方には、免許状と標札を交付(有料)いたします。

受講料

入学金

一般
¥10,000
学生
¥7,500

※65歳以上の方は入学金を免除いたします。

授業料

  基礎 I 基礎 II 専攻 I 専攻 II 専攻 III 専攻 IV
一般 ¥47,000 ¥47,000 ¥50,000 ¥50,000 ¥50,000 ¥50,000
学生 ¥43,000 ¥43,000 ¥46,000 ¥46,000 ¥46,000 ¥46,000

※ぺん師範科はぺんの力(1冊700円)を副教材として用います。

師範試験受験料

一般・学生
¥14,500