公益財団法人日本書道教育学会

特設科

神田書学院

古典研究講座

講座 時限 講師 学習内容
古典研究(漢)③ 月・2 赤井 經忠 傅山(明末清初)長條幅の臨書。創作へ繋ぐ。
古典研究(漢)⑧ 月・1 永井 香樹 米芾の詩帖・尺牘を鑑賞・臨書し、書美の気韻を汲み取り条幅作品にまとめる。不二誌併習。
古典研究(漢)⑪ 金・3 中村 清徳 各自好きな古筆(関戸・針切・中 務集等)を模索し、拡大臨書し確かな運筆を学び、臨書・創作へと進め、不二誌課題・会友試験・学会展及び不二現代書展・千字文大会にも挑戦する。初学者向け指導も行う。
古典研究(漢)⑳ 水・4 飯塚 連芳 顔真卿三稿の一つ、争坐位文稿を学ぶ。三稿の率意書の妙味を臨書を通して理解する。更に半折及び学会展作品へ展開する。

作品研究講座

講座 時限 講師 学習内容
作品研究(漢)① 月・1 小久保 嶺石 王羲之の尺牘を臨書し、条幅に仕立てる。(行・草中心)
不二誌併習。
作品研究(漢)② 月・2 小久保 嶺石 顔真卿三稿及び尺牘を各自選択して臨書を通して作品に仕立てる。
不二誌併習。
※顔真卿三稿及び尺牘(プリント併用)
作品研究(漢)③ 月・2 小久保 嶺石 王羲之の尺牘により条幅の作品に仕立てる。(行・草中心)
作品研究(漢)⑤
1〜2
小久保 嶺石 顔真卿・宋の四大家等の行草体を臨書し、作品に仕立てる。
又、王羲之の尺牘を臨書を通して学ぶ。
併せて不二誌を学ぶ。
作品研究(漢)⑥ 火・2 赤井 經忠 王鐸(明末清初)の長條幅及び巻子の横物などの臨書。創作へ繋ぐ。
作品研究⑧ 土・1 江後田 白翠 筆法を会得する為、用筆法と運筆法を学ぶ。用筆法…楷書の基本点画(書道新範)より鋒先の使い方(角度法)を学ぶ。運筆法…行書で鋒先の八面出鋒の動きを研究し、線質を学ぶ。初心者向けに指導を行い、学会展へと展開する。
作品研究(隷)⑨ 火・3 石野 黎峰 各自選択した教材について指導する。今期の共通テーマは隷書・曹全碑。学会展、不二誌についても指導する。
作品研究(仮)⑬ 金・2 中村 清徳 各自好きな古筆(香紙切・一条・本阿弥切)を模索し、拡大臨書から原寸臨書・臨書の中に自己を取り入れ、壁面作品・帖作品へと展開。不二誌課題、及び学会展・不二現 代書展・千字文大会に挑戦する。会友試験の指導及び初学者向け指導も行う。
作品研究(仮)⑭ 土・1 霜鳥 玄峰 米芾の臨書から創作へ展開する。又は王鐸の臨書から創作へ展開する。
作品研究(仮)⑱ 月・2 竹澤 光邨 ・漢字を多用している元永本古今集を臨書して新和様作品の創作生かしてみよう。
・絹布に古墨で書かれている貫名菘翁 白玉井銘(180% 拡大)の臨書を通して、創作へと展開を計る。

写経講座

講座 時限 講師 学習内容
写経作品研究<上級> 土・1 金子 魚心 石橋犀水先生創始の伝統ある写経研究室です。写経体の基本をしっかり踏まえて各自の選んだ名品古写経を研鑽し、実力をつけ、学会展を目指します。釋尊の思想にふれて、深く深く写経を学びたいと思います。
毎月の不二細字研究室にも出品いたします。

不二誌

講座 時限 講師 学習内容
ステップアップ
新和様・行書・不二誌
月・2 永井 香樹 不二誌の半紙・条幅課題に取り組み、新和様にも親しむ。古典の行書を仮名と調和させて、新和様作品にまとめる。不二誌併習。
不二誌学習・作品制作研究 水・1 永井 香樹 漢字・仮名・新和様を不二誌の課題をもとに半紙・条幅作品にまとめる学習。
不二誌条幅指導 月・2 竹澤 光邨 ・漢字を多用している元永本古今集を臨書して新和様作品の創作生かしてみよう。
・絹布に古墨で書かれている貫名菘翁 白玉井銘(180% 拡大)の臨書を通して、創作へと展開を計る。
不二誌作品指導 月・3 竹澤 光邨 ・漢字を多用している元永本古今集を臨書して新和様作品の創作生かしてみよう。
・絹布に古墨で書かれている貫名菘翁 白玉井銘(180% 拡大)の臨書を通して、創作へと展開を計る。
不二誌作品研究 火・3 石野 黎峰 行書・草書の基礎を学びながら各自選択の課題についても指導する。不二誌の課題、学会展への出品指導も行う。

研究・指導講座

講座 時限 講師 学習内容
行草・木簡・新和様研究
13:00

17:00
池田 龍仙 古典の臨書から創作への展開
学会展など書展への指導
不二誌の学習と作品制作研究
実用かな書道 火・2 渡邊 蕭葉 各自好きな古筆の臨書を通して、拡大臨書から原寸臨書へと完成させ、かな用料紙を使って(練習用)、巻子・折帖の制作、更に中字、大字作品の創作へと展開する。不二誌課題・学会展作品にも挑戦。初学者向け指導も行う。
かな学習 火・4 渡邊 蕭葉 各自好きな古筆の臨書を通して、拡大臨書から原寸臨書へと完成させ、かな用料紙を使って(練習用)、巻子・折帖の制作、更に中字、大字作品の創作へと展開する。不二誌課題・学会展作品にも挑戦。初学者向け指導も行う。
新和様 土・1 永井 香樹 新和様作品に調和させる漢字を集字聖教序・犀水行書千字文から学び、創作に展開させる。不二誌併習。
行書応用講座 土・1 浅野 秋月 半紙学習を基盤において、条幅作品に挑戦する。正統王羲之系統の書法を通じて創作への展開を楽しむ。応用として漢詩文を書く。不二誌にも触れる。
かな作品研究 土・3 渡邊 蕭葉 各自好きな古筆の臨書を通して、拡大臨書から原寸臨書へと完成させ、かな用料紙を使って(練習用)、巻子・折帖の制作、更に中字、大字作品の創作へと展開する。不二誌課題・学会展作品にも挑戦。初学者向け指導も行う。
漢字作品研究 I 水・2 霜鳥 玄峰 王鐸の臨書から創作へ展開する。
漢字作品研究 II 水・4 霜鳥 玄峰 何紹基の臨書から創作へ展開する。
古法帖から創作へ 月・1 小野寺 観洲 「集字聖教序」や「争坐位文稿」の筆法を学び、条幅作品など独自で創作できるように作品制作の基礎から学んでいきます。不二誌にも対応します。

※定員5名に満たない講座は開講されない場合があります。

※時間割(講師・講座)は変更する場合があります。

※授業開始日については特設科授業日程表をご覧下さい。

大阪書学院

講座 時限 講師 学習内容
新和様・漢字研究
《月曜日クラス》
月・2 岡 晴雲 毎回、課題の異なる新和様・漢字条幅課題の批評と各自選定の条幅臨書課題を創作に活かす学習を行う。不二誌課題の指導も行う。<初級~上級>
作品研究ならびに
古筆研究(かな)
月・2 増戸 陽道 不二誌月例課題(かな)、関戸本古筆の習作。基本古筆の習熟を通して、自運への実力養成。
当学院展覧会等の出品助言を行う。
作品研究
《初級講座》
木・1 大塚 芝晃 師範コースを卒業した方の、さらなる技術の向上を目的とした講座。基本的な筆の開閉並びに書の表現方法を学ぶ。
不二誌や展覧会作品の指導も行う。<初級>
新和様・漢字研究
《火曜日クラス》
火・2 岡 晴雲 毎回、課題の異なる新和様・漢字条幅課題の批評と各自選定の条幅臨書課題を創作に活かす学習を行う。不二誌課題の指導も行う。<初級~上級>
作品総合研究 II 木・2 小林 鳴竹 基礎と応用の勉強。平安のかな、廻腕法、俯仰法、顔法の古典を学ぶ。
漢字仮名交じりの文を書く。その他。
古典研究
《木曜日クラス》
木・2 二宮 幸霞 各自選択の古典を臨書・研究して、臨書作品制作さらに創作へと展開する。
学会展・不二現代書展等展覧会への出品、不二誌出品の指導。
古典研究
《開塾基礎》
木・4 大塚 芝晃 篆書の用筆、結体を学び、半紙での全臨から条幅作品へと展開する。
書道の基本的な用筆(ひらがな)並びに書道事項を学び、開塾に向けての助言を行う。<初級>
作品研究
(漢字・新和様・不二誌)
《木曜日クラス》
木・4 吉阪 淀水 董其昌・貫名菘翁の用筆および章法を学習・時間をかけて臨書し、独自の創意工夫で臨書作品に仕上げるまでの指導。
学会展・不二現代書展二部を目標とする(現在、習っているものも可)。不二誌併習。<初級~中級>
古典研究
《金曜日クラス》
金・1 二宮 幸霞 各自選択の古典を臨書・研究して、臨書作品制作さらに創作へと展開する。
学会展・不二現代書展等展覧会への出品、不二誌出品の指導。
作品研究
古筆研究(かな)
金・2 増戸 陽道 不二誌月例課題(かな)、関戸本古筆の習作。 基本古筆の習熟を通して、自運への実力養成。
当学院展覧会等の出品助言を行う。
不二誌作品研究 土・1 須山 万寿 不二誌月例・昇試課題の指導、および学会展や不二現代書展等への出品指導を行う。
不二誌強化と
古典研究

2〜3
二宮 幸霞 各自選択の古典を臨書・研究して、臨書作品制作さらに創作へと展開する。
不二誌におけるステップアップを目指す。
学会展・不二現代書展等展覧会への出品指導。
作品研究
(漢字・新和様・不二誌)
《土曜日クラス》

2〜3
吉阪 淀水 貫名菘翁・米芾を各自選択、時間をかけて臨書後、独自の創意で臨書作品に仕上げるまでの指導。
学会展および不二現代書展二部出品を目標とする。不二誌併習。<初級~中級>

川奈書学院

講座 時限 講師 学習内容
仮名作品研究・古典研究 小久保嶺石 王羲之の尺牘を学ぶ。不二・書学併習

岩手書学院

講座 時限 講師 学習内容
特別講座<表具> 岩館 清香  
漢字古典研究 伊藤 泉鶴
  1. 嵯峨天皇の書風を学ぶ。
  2. 代表的な李嶠詩を学ぶ。
  3. 臨書の後、小字教書への展開。
各自取り組まれている「新和様」作品1点添削します。
作品研究 佐藤 平泉
  1. 古隷の美を学ぶ。
  2. 漢字造形と新和様の研究。
  3. 梧竹堂書話。
仮名古典・不二誌研究 小野 和渓 古筆臨書を継続しながら、基礎を元に創作へと指導。
毎月の不二誌出品のための解説と、各書体・書風折に触れて個別に指導。

新潟書学院

講座 時限 講師 学習内容
古典研究(漢) 長谷川白楊 顔真卿の行書
古典研究(仮) 右近 幽草 臨書、創作研究(百人一首)
古典研究(漢) 長谷川白楊 条幅・半切・課題による制作と解説指導
古典研究(漢) 長谷川白楊 顔真卿の行書

九州書学院

講座 時限 講師 学習内容
院長特別講座 石橋 鯉城 不二誌課題(一字書)の研究、俯仰法・廻腕法
特設科 仕田原秋琴 各自、自由なテーマの研究
特設科 仕田原秋琴 各自、自由なテーマの研究

受講料

入学金

一般
¥10,000
学生
¥7,500

※65歳以上の方は入学金を免除いたします。

授業料

特設科(4ヶ月 計7回)
(1回2時間)
特設科(4ヶ月 計4回)
(1回4時間)
¥39,000 ¥42,000