公益財団法人日本書道教育学会

よろこびの声

検定試験に合格された方のよろこびの声をご紹介します。

ペン硬筆師範 合格  烏田 有香子 様

夢を持ち続けて

この度、ペン硬筆検定の師範合格通知を頂き誠に有り難く、喜びの気持ちで一杯でございます。ご審査してくださった先生方に心より感謝申し上げます。

子育てが一段落した折、子どもの頃夢中になった書道を、再び本格的に勉強したいと思い立ちました。懐かしい「不二」をたよりに電話を入れ、早速毛筆とペン字を学び始めました。日々の生活の中、時間の合間を縫ってお手本に向かう作業は心落ち着く至福の時間でした。素晴らしいお手本、解説、そして書道史や知識を身につけるべく適した不二誌、ぺんの力。課題を継続して学んでいくうちに夢が育ち、いつかは未来ある子ども達と共に鍛錬できる教室を開きたいと思うようになりました。検定試験の初級から一つ一つ階段を上って今ここに辿り着き、深い感謝の思いがあふれております。

不二誌と巡り合えたことは私の人生において貴重な宝となりました。まだまだ未熟な身でありますので精進あるのみと肝に銘じ、初心を忘れず練習を重ねていきたいと思っております。

会誌を通してご指導頂きました先生方に厚く御礼申し上げますと共に、益々の貴会の発展をお祈り致します。