公益財団法人日本書道教育学会

夏季講座

夏季講座のご案内


 書学院夏季講座では、短期に集中して的確な学習効果をあげるべく、基礎学習から展覧会出品に向けた草稿研究と作品づくり、書道史講座、写経、篆刻など、目的に応じた多彩な講座をご用意しました。

書学院受講生に限らず、初めて筆を持つ方から上級者まで、そして(公財)日本書道教育学会の通信教育受講生や不二誌で学習している方々にもお薦めの講座です。

また、指導には、全国書学院の主任講師他、学会展審査員、不二誌手本執筆者、通信教育で添削を担当する先生方があたり、直接指導を受けられます。

◇ 書学院に通学していなくてもすべての講座を受講できます。


夏季講座のくわしい内容をこちらから(PDF)ダウンロードできます

神田書学院

師範コース 予習・復習講座
講座名 担当講師 日 時 受講料
楷書の古典を学ぶ
~基礎Ⅰ・専攻Ⅰ予習・復習講座~
永井香樹先生 8月11日・25日
13:00~15:00
(全2回)
10,000円

「横せんとすれば先ず竪せよ。竪せんとすれば先ず横せよ」 廻腕執筆法を復習し、体の使い方を再確認しましょう。
唐の四大家の古典それぞれの特徴を学び、半紙から条幅へと展開します。
不二誌課題の添削もあり。

【用具・教材】漢字半紙10枚程度、半切5枚程度、筆、墨、下敷き

行書・草書基礎講座
~基礎Ⅱ・専攻Ⅱ予習・復習講座~
二宮桂秀先生 8月12日・26日
13:00~15:00
(全2回)
10,000円

行書・楷書・草書の運筆、用筆をおさらいします。苦手なところを克服し、次期の学習へ繋げましょう。これから基礎Ⅱ・専攻Ⅱを受ける方には予習として、また漢字を基礎から学びたい方にも適した講座です。

【用具・教材】書道用具一式、犀水千字文

かなの基本と創作
~専攻Ⅲ予習・復習講座~
中村清徳先生 8月6日・9月3日
13:00~15:00
(全2回)
10,000円

不二誌かな臨書・創作を基本に指導します。

  • ① はじめて「かな」を始める人には細字の基本、大字の基本を(筆の持ち方・選び方・お手本の見方・臨書の見方)
  • ② 創作を始める人には創作の基本・行の作り方・紙面の収め方を
  • ③ かな昇段試験の人にはかな創作を美しく仕上げる立体感をそれぞれ指導します。

【用具・教材】大字・細字を書ける用意(現在使っている筆・半紙)、各自書いた作品

ペン字の基礎と応用 福原溪春先生 8月11日・9月1日
10:00~12:00
(全2回)
10,000円

身近で実用的なペン字の魅力を味わいながら、基本から作品づくりまで試みます。初歩の方も大歓迎!


【用具・教材】ペン(デスクペンまたはつけペン)、「ぺんの力」9月号、用紙(A4またはB5サイズ、ノートでも可)
テーマ別学習
講座名 担当講師 日 時 受講料
お盆写経 大倉彩華先生 8月7日
10:00~12:00
5,000円

初めての方から本格派を目指す方まで。墨の磨り方、用具の説明から学びます。
般若心経、延命十句観音経を仕上げて納経します。

【用具・教材】墨、写経用筆、写経用紙 ※納経料1巻につき500円
(般若心経を納経される方は、途中まで書いたものをご持参ください)

初めての篆刻 内山玉延先生 8月24日
10:00~17:15
※昼休憩1時間、途中15分休憩
15,000円
篆刻に興味をお持ちの方のために、制作の手順、字の配し方、刻し方など具体的に説明し、自分の印の完成を目指して指導します。
初めて篆刻に取り組む方、初心者の方向け。
※当日、講師指導の下、三多軒にて、用具(印刀、印材など)を購入します。
昇段試験対策講座
講座名 担当講師 締切 受講料
昇段試験対策講座
(水曜クラス)
飯塚蓮芳先生 8月11日・25日
9月1日
13:00~15:00
(全3回)
15,000円
昇段試験対策講座
(金曜クラス)
永井香樹先生 8月6日・27日
9月3日
13:00~15:00
(全3回)
15,000円

不二誌9月号昇段試験に向けて課題の添削、指導を行う集中講座です。3回目の講座では、指導を受けた作品を直接提出して頂けます。
なかなか段位の上がらないという方や、初めて昇段試験に挑戦される方も、講師の直接指導と添削を受けるチャンスです。
※ご来校が難しい方のための、郵送による草稿アドバイスも行います。詳しくはこちらをご覧ください。

【用具・教材】不二誌、昇段試験課題作品及び書道道具
書道史
講座名 担当講師 締切 受講料
書道史
※講座は全1回、
どちらの日程も同じ内容です
島 美和先生 8月 7日
13:00~17:15
※途中15分休憩
10,000円
8月 26日
13:00~17:15
※途中15分休憩
10,000円

中国史をふまえながら、書体の変遷を中心に、時代ごとの能書家とその作品を見ていきます。古典を身近に感じることにより、書の楽しみが一層広がります。

【持ち物】筆記用具
草稿指導講座
講座名 担当講師 締切 受講料
學會展 草稿指導講座 小久保嶺石先生 8月28日
13:00~17:15
13,000円

書道學會展に向けての草稿・作品制作を、構成・テーマの選択から作品完成まで直接指導します。漢字作品だけでなくかな・新和様作品まで幅広く指導します。開講日には、ご自身の草稿や作品をお持ちください。
※ご来校が難しい方のための、郵送による草稿アドバイスも行います。詳しくはこちらをご覧ください。

【持ち物】草稿、作品、筆記用具

※学習内容・日時等は変更となる場合があります。
※受講希望者が規定人数に達しない場合は開講されないことがございます。
※4時間の講座には、10〜15分の休憩があります。
 午前から午後にまたがる講座には1時間の昼休憩があります。

郵送添削講座

遠方の方などご来校が難しい方のための郵送添削講座をご用意しました。
締切期日(必着)までに、下記、送付先まで作品をお送りください。

送付先
〒101-8358 東京都千代田区西神田2-2-3
神田書学院 郵送添削講座

講座名 担当講師 締切 受講料
學會展
郵送草稿アドバイス
小久保嶺石先生 8月27日必着 5,000円

書道學會展に向けての草稿・作品制作を、構成・テーマの選択から作品完成まで直接指導します。漢字作品だけでなくかな・新和様作品まで幅広く指導します。

【送付物】受講申込書、払込証明書、草稿作品、作品返却用封筒(切手貼付)
草稿作品とともに、釈文や臨書であれば出典部分のコピーなども同封ください。
昇段・昇級試験対策
郵送アドバイス
8月12日・26日
それぞれ必着
(全2回)

10,000円

不二誌9月号に向けて課題の添削、指導を行います。なかなか段位が上がらないという方や初めて昇段試験に挑戦される方にオススメです。

【送付物】受講申込書、払込証明書、草稿作品、作品返却用封筒(切手貼付)
◆1課題につき作品2枚をお送りください。1枚を添削し、1枚を提出候補 作品として返却します。
◆最大3課題まで(条幅は2課題まで)
 例:条幅1枚+半紙2枚、条幅2枚+半紙1枚、半紙3枚 など
◆昇段・昇級試験対策講座は、昇段・昇級を約束するものではありません。

お申し込み方法

〈ご来校になる場合〉
 受講申込書に必要事項をご記入の上、書学院窓口にてお申し込みください。

〈郵送される場合〉
下記の口座番号に受講料をお振込いただき、振込証明書と受講申込書を同封の上、各書学院までご郵送ください。
郵便振替用紙の通信欄に、ご希望の講座名・日時・講師名を必ずご記入ください。
*教材費は別途必要です。(教材は各自ご用意ください。)

受講申込書はこちら(PDF)から

【振込先】
ゆうちょ銀行
【加入者名・口座番号】
(公財)日本書道教育学会 神田書学院 00130−7−189297

【郵送先】
神田書学院 〒101-8358 千代田区西神田2-2-3