公益財団法人日本書道教育学会

特設科

神田書学院

古典研究講座

講座 時限 講師 学習内容
作品研究① 月・1 小久保嶺石 何紹基の行草の趣を臨書を通して理解し、作品に仕立てる。不二誌併習。
作品研究② 月・2 小久保嶺石 枯樹賦(行書)を臨書して俯仰法を習得する。線の変化の妙を探り、作品を仕立てる。不二誌併習。
作品研究③ 月・2 小久保嶺石 六朝北魏の鄭文公碑の楷書の美を臨書を通して学び、作品に仕立てる。不二誌併習。
作品研究⑤ 金1・2 小久保嶺石 顔真卿・宋の四大家等の行草体を臨書し、作品に仕立てる。又、王羲之の尺牘を臨書を通して学ぶ。
褚遂良の行書(枯樹賦)を中心に臨書して俯仰法を習得する。不二誌併習。
作品研究⑧ 土・1 江後田白翠 線質の研究の為、八面出鋒、逆筆平出(沈着の線質)の用筆を学ぶ。初学者向けの指導を行い、學會展へと展開する。不二誌学習。
作品研究⑬ 金・2 中村 清徳 各自好きな古筆(香紙切・一条・本阿弥切)を模索し、拡大臨書から原寸臨書・臨書の中に自己を取り入れ、壁面作品・帖作品へと展開。不二誌課題、及び學會展及び不二現代書展・千字文大会に挑戦する。
今までの臨書に加へ、佐理真蹟帖を加へ、力強いかな作品をめざしたい。会友試験の指導及び初学者向け指導も行う。
作品研究⑲ 金・3 内山 玉延 北魏楷書から唐代楷書への変容を時代背景と共に比較探求し、各自テーマの設定を基に作品制作へと展開する。不二誌併習。
作品研究㉑ 土・1 内山 玉延 甲骨文、金文の臨書を基本に学習し、作品制作へ展開する。不二誌併習。

古典研究講座

講座 時限 講師 学習内容
古典研究③ 月・2 赤井 經忠 傅山(明末清初)の長條幅の臨書、王鐸(明末清初)の長條幅及び巻子の横物などの臨書。創作へ繋ぐ。
古典研究⑧ 月・1 永井 香樹 楷書の古典から学びたいものを各自で選択し、臨書。半紙創作に展開。不二誌併習。
古典研究⑪ 金・3 中村 清徳 各自好きな古筆(関戸・針切・中務集等)を模索し、拡大臨書し確かな運筆を学び、臨書の中にも自己を取り入れ壁面作品・帖作品へと展開し學會展及び不二現代書展・千字文大会・不二誌課題・会友試験にも挑戦する。
今までの臨書に、佐理真蹟帖を加へ力強いかな作品をめざして作品を考えたい。初学者向け指導も行う。
古典研究⑳ 水・4 飯塚 蓮芳 龍門二十品の書風、造型、用筆など、さまざまな特徴を学びながら臨書して条幅に仕上げる。不二誌併習。

不二誌

講座 時限 講師 学習内容
不二誌作品研究 火・3 内山 玉延 行書・草書の基礎を学びながら各自選択の課題についても指導する。不二誌の課題、學會展への出品指導も行う。
不二誌条幅指導 月・2 竹澤 光邨 用筆の基本を関戸本古今集を通して学びます。平坦ではない流れの中に渇筆の荒々しいタッチも見られます。創作へと進展させてみましょう。
草書は字体が簡略化されており点画の省略も見られますから、形態把握が必要になります。テキストの詳しい説明を参考に習ってみましょう。犀水先生手書きの解説も格別です。
不二誌作品指導 月・3 竹澤 光邨 用筆の基本を関戸本古今集を通して学びます。平坦ではない流れの中に渇筆の荒々しいタッチも見られます。創作へと進展させてみましょう。
草書は字体が簡略化されており点画の省略も見られますから、形態把握が必要になります。テキストの詳しい説明を参考に習ってみましょう。犀水先生手書きの解説も格別です。
ステップアップ 新和様・行書・不二誌 月・2 永井 香樹 不二誌の半紙・条幅課題に取り組み、新和様にも親しむ。古典の行書を仮名と調和させて、新和様作品にまとめる。縦・横・方形作品の草稿を作り、作品にまとめる。不二誌併習。
不二誌学習・作品制作研究 水・1 永井 香樹 漢字・仮名・新和様を不二誌の課題をもとに半紙・条幅作品にまとめる学習。
かな・新和様・不二誌 土・3 中島 永岳 基本から創作まで、かな・新和様・不二誌全般の実力UPをめざします。
千字文大会、不二現代書展、學會展へと繋げます。

研究・指導講座

講座 時限 講師 学習内容
行書応用講座 土・1 浅野 秋月 半紙学習を基盤において、条幅作品に挑戦する。正統王羲之系統の書法を通じて創作への展開を楽しむ。応用として漢詩文を書く。不二誌にも触れる。
新和様 土・1 今川 佳香 漢字とかなを調和させるのは、直線と曲線の組み合わせで容易ではない。余白や行間に留意しながら作品制作の方法を不二誌を中心に学習する。
写経作品研究 土・1 大倉 彩華 石橋犀水先生創始の伝統ある写経研究室です。写経体の基本をしっかり踏まえて各自の選んだ名品古写経を研鑽し、実力をつけ、學會展を目指します。
釋尊の思想にふれて、深く深く写経を学びたいと思います。毎月の不二細字研究室にも出品いたします。
新和様 土・1 永井 香樹 新和様作品に調和させる漢字を集字聖教序・犀水行書千字文から学び、創作に展開させる。同じ文言を縦・横・方形の草稿づくりから作品にまとめる。不二誌併習。
開塾への総合力 火・4 中島 永岳 書塾のアドバイスをしながら不二誌を学びます。
各自テーマを決めた古典・古筆の研究を基に、書道學會展、不二現代書展へと繋げます。
実用かな書道 火・2 渡邊 蕭葉 各自好きな古筆の臨書を通して、拡大臨書から原寸臨書へと完成させ、かな用料紙を使って(練習用)、巻子・折帖の制作、更に中字、大字作品の創作へと展開する。不二誌課題・學會展作品にも挑戦。初学者向け指導も行う。
かな学習 火・4 渡邊 蕭葉 各自好きな古筆の臨書を通して、拡大臨書から原寸臨書へと完成させ、かな用料紙を使って(練習用)、巻子・折帖の制作、更に中字、大字作品の創作へと展開する。不二誌課題・學會展作品にも挑戦。初学者向け指導も行う。
かな作品研究 土・3 渡邊 蕭葉 各自好きな古筆の臨書を通して、拡大臨書から原寸臨書へと完成させ、かな用料紙を使って(練習用)、巻子・折帖の制作、更に中字、大字作品の創作へと展開する。不二誌課題・學會展作品にも挑戦。初学者向け指導も行う。

※定員5名に満たない講座は開講されない場合があります。

※時間割(講師・講座)は変更する場合があります。

※授業開始日については特設科授業日程表(PDF)(4月2日更新)をご覧下さい。

大阪書学院

講座 時限 講師 学習内容
古典研究 木・4 大塚 芝晃 古典の臨書を用筆法に重点をおき、古典のそれぞれの線美の表現方法を学ぶ。
不二誌や展覧会への出品指導も行う。
古典研究 火・2 大塚 芝晃 師範コースを卒業した方の、さらなる技術の向上を目的とした講座。古典を臨書し、基本的な筆の開閉ならびに書の表現方法を学ぶ。
不二誌や展覧会への出品指導も行う。
不二誌と作品研究 土・2.3 大塚 芝晃 作品制作の心構えや不二誌や展覧会への出品指導を行う。
師範科と合同授業の為、人数制限あり。
不二誌と作品研究 土・2.3 近藤 水華 不二誌月例・昇試課題の指導、および學會展や不二現代書展への出品指導を行う。
師範科と合同授業の為、人数制限あり。
新和様 漢字研究 月・2 近藤 水華 毎回、課題の異なる新和様・漢字条幅課題の批評と各自選定の条幅臨書課題を創作に活かす学習を行う。
不二誌課題の指導も行う。〈初級~上級〉
不二誌と作品研究 土・2.3 須山 万寿 不二誌月例・昇試課題の指導、および學會展や不二現代書展への出品指導を行う。
師範科と合同授業の為、人数制限あり。
不二誌指導 金・1 須山 万寿 不二誌月例・昇試課題の指導、漢字・かな・新和様の条幅作品創作指導、および學會展や不二現代書展への出品指導を行う。
かな研究 月・2 須山 万寿 古筆の臨書からかなの基本と創作へ。不二誌の月例課題を指導(筆の用い方、選び方、手本の見方)を行う。
展覧会等の出品助言も行う。
不二誌と古典作品研究 木・2 二宮 幸霞 各自選択の古典を臨書・研究して、臨書作品制作、さらに創作へと展開する。
學會展・不二現代書展等展覧会への出品、不二誌出品の指導。
不二誌と古典作品研究(初級) 金・1 二宮 幸霞 各自選択の古典を臨書・研究して、臨書作品制作、さらに創作へと展開する。
學會展・不二現代書展等展覧会への出品、不二誌出品の指導。
不二誌と古典作品研究 金・2 二宮 幸霞 各自選択の古典を臨書・研究して、臨書作品制作、さらに創作へと展開する。
學會展・不二現代書展等展覧会への出品、不二誌出品の指導。
不二誌強化と古典作品研究 土・2.3 二宮 幸霞 各自選択の古典を臨書・研究して、臨書作品制作、さらに創作へと展開する。
學會展・不二現代書展等展覧会への出品、不二誌出品の指導。
作品研究
(漢字・新和様・不二誌)
木・4 吉阪 淀水 各自選択の古典を臨書。
作品制作への指導、学習。
新和様、一字書も併習。
新和様 漢字研究 火・2 吉阪 淀水 各自選択の古典を臨書。
作品制作への指導、学習。
新和様、一字書も併習。
作品研究
(漢字・新和様・不二誌)
土・2.3 吉阪 淀水 各自選択の古典を臨書。
作品制作への指導、学習。
新和様、一字書も併習。

受講料

入学金

一般
¥10,000
学生
¥7,500

※65歳以上の方は入学金を免除いたします。

授業料

特設科(4ヶ月 計7回)
(1回2時間)
特設科(4ヶ月 計4回)
(1回4時間)
¥39,000 ¥42,000