公益財団法人日本書道教育学会

令和二年度優秀教場・教室長表彰報告

新型コロナウイルスの影響下にある非常に困難な中で、全国の先生方には教場・教室において真摯に書道教育活動を行っていただいておりますことに、厚く御礼申し上げます。

令和二年度は310名の先生方を「優秀教場・教室長」として表彰させていただきました。

昨年に引き続き、本会創立記念日の4月3日に行っております表彰式の開催はかないませんでしたが、石橋鯉城理事長より挨拶状と表彰状を優秀教場・教室長へ送付させていただきました。また、新しく教場・教室長となられました18名の先生には、不二教場・教室名と教場・教室長名を揮毫した標札もお届けさせていただきました。

令和二年度 優秀教場・教室長 令和3年4月3日(○印は教場長)

岩手県
  • 岩舘 豊子
  • 杉本 哲子
  • 千葉 方彩
  • 山本 蕉泉
宮城県
  • 天艸 悠月
  • 井上 芳春
秋田県
  • 熊谷チヅ子
茨城県
  • 稲葉 游亀
  • 岸本 空翠
  • 桜井 淡舟
  • 清水 景苑
  • 内藤 紫水
栃木県
  • 飯田 景月
  • 石井 映光
  • 石曽根紫峰
  • 猪瀬 江秋
  • 金子恵美子
  • 河合 典陽
  • 栗林 美永
群馬県
  • 大澤 宗文
  • 新保 昭子
埼玉県
  • 秋山 香風
  • 石川 麗里
  • 桂  恵華
  • 倉持 雅風
  • 小久保翠嶺
  • 小林 美香
  • 斎藤 綾乃
  • 斉藤 直子
  • 澤水 清香
  • 菅田 京生
  • 鈴木 子園
  • 関根 芳堂
  • 高橋 霞香
  • 高見 華峰
  • 土屋 清子
  • 飛田 寿子
  • 中山 香泉
  • 樋口 溪玉
  • 肥田野梨霞
  • 藤井 京永
  • 逸見 雲溪
  • 星野 旭祥
  • 細川 穂峽
  • 増田 心華
  • 村上 弘美
  • 八木 禮子
  • 柳谷 琴清
  • 吉田 桂愁
千葉県
  • 青木 和代
  • 秋葉 馨秀
  • 芦村 玉葉
  • 新井 清光
  • 井川 麗子
  • 井原 香月
  • 岩城 佳水
  • 内田 華仙
  • 海老原丹燁
  • 大内 香糸
  • 大戸 国康
  • 岡部 陽泉
  • 岡山 載月
  • 鹿毛 艸雨
  • 京谷 琴月
  • 熊崎英実子
  • 齊藤 春欣
  • 清水 淳子
  • 瀬戸口寛子
  • 園山 絢上
  • 田儀 直子
  • 田中 香穂
  • 田村 紫葉
  • 長濱 雅子
  • 中村 玄月
  • 中山 映雪
  • 芳賀 翠華
  • 英  郁野
  • 東仲 遙邨
  • 御園生藍珠
  • 三好 宏実
  • 撫佐 克美
  • 森  清泉
  • 森  桃郷
  • 矢野 春径
  • 山田 智舟
  • 譲原 華苑
  • 吉井 曽水
  • 和田真理子
東京都
  • 赤羽美登志
  • 池田 彩雲
  • 石山 恵峰
  • 磯﨑 香月
  • 井上 翔月
  • 内田 菫水
  • 漆畑 緋水
  • 漆原 龍峰
  • 大杉 霞月
  • 大浪  馨
  • 岡田 佳朋
  • 小川美佐子
  • 刈谷 叔子
  • 河口美穂子
  • 川元 双玉
  • 北澤 希明
  • 木村 秋月
  • 黒河内月倫
  • 國府田明人
  • 小宮 麗佳
  • 斉藤 澄枝
  • 齋藤 節子
  • 坂本 猗苑
  • 佐々木慎恵
  • 佐藤 芳玉
  • 佐藤 裕子
  • 杉本めくみ
  • 須永 華有
  • 田貝 嵆康
  • 田中 寿光
  • 田中 寿理
  • 溪  順比
  • 檀  祥華
  • 戸部 慧春
  • 豊田 九華
  • 豊田 伸子
  • 中島 永岳
  • 中條 琳音
  • 永田 耀香
  • 奈良 孝嬉
  • 野呂 詠雪
  • 橋本 紅華
  • 一杉 虹華
  • 福地みさと
  • 藤枝 葉舟
  • 細井 翠櫻
  • 前田 春彩
  • 益田 茱鳳
  • 眞武 明凛
  • 丸田 陽翠
  • 丸山 玉瑛
  • 宮長 白扇
  • 森  秀萠
  • 矢野  甲
  • 山﨑 貴子
  • 山本 溪雪
  • 横田 清香
  • 吉田 天音
  • 和崎 啓子
神奈川県
  • 足立 松子
  • 阿部 湘花
  • 餘目 清澄
  • 岩浪 春鳥
  • 大賀 汀花
  • 尾高早帆子
  • 勝間田香心
  • 神谷 桃香
  • 木下 清華
  • 斎藤 濤華
  • 塩脇 康子
  • 関根 幸子
  • 田中 悠香
  • 玉置やよい
  • 土田 静山
  • 中村 紫泉
  • 長山美穂子
  • 成田 楚月
  • 仁木 那樺
  • 二宮 桂秀
  • 浜田 浚泉
  • 藤井 嶺月
  • 前田 桃華
  • 増田真紀子
  • 水本 知子
  • 森  翠江
  • 門傳 梨香
  • 山際 彩華
新潟県
  • 青柳 光祥
  • 五十嵐楓嶺
  • 内田 彩雲
  • 大橋 香汀
  • 片野 翠華
  • 勝又 楓苑
  • 小山 恵翠
  • 佐藤  萌
  • 杉田 香風
  • 鈴木 雪泉
  • 瀧本 翠甫
  • 田中 庸湖
  • 中村 城翠
  • 馬場 桂月
  • 藤巻 妙子
  • 前田 秀景
  • 丸山 泉花
  • 水沢 裕光
  • 八木 静香
石川県
  • 堀  和子
長野県
  • 伊藤 雅峰
  • 姥貝 楳香
  • 熊谷 素雪
  • 東  蘭芳
岐阜県
  • 伊藤 恵風
  • 大野 恵石
  • 亀山 亜実
  • 小寺 惠水
  • 戸塚 楓渓
静岡県
  • 伊藤 祥荷
  • 大井川郁美
  • 小澤 碧水
  • 萩田 恵美
  • 細金 春風
  • 渡邉 翠玲
愛知県
  • 小椋 珠石
  • 近藤 翠香
  • 鈴木 紅瑤
  • 須藤 城翠
  • 西尾 久智
  • 馬場 清恵
  • 久松 泰舟
  • 藤井 尚美
  • 宮崎 弘園
  • 村井 沙扇
  • 山下 将子
  • 米田 清翠
三重県
  • 小林 翠堂
  • 竹嶋 夕景
滋賀県
  • 松宮 貴之
京都府
  • 岩下 華谷
大阪府
  • 浅野 一華
  • 石田 春水
  • 植本 小娥
  • 岡﨑 芝園
  • 沖崎久美子
  • 荻田 泰青
  • 奥内 松陽
  • 岸野 陽子
  • 阪木喜久子
  • 佐々木夕楊
  • 渋谷 春好
  • 高木 大翠
  • 髙橋 澄子
  • 土田 千陽
  • 堂本 芳永
  • 野澤 佳澄
  • 林  実希
  • 播野 宏美
  • 菱田 紫陽
  • 平居 東香
  • 藤原裕理子
  • 松浦 石鴉
  • 山本 修鳳
  • 吉阪 淀水
  • 吉田 和子
  • 米田 翠汀
  • 若林 尚葉
兵庫県
  • 池田 昊可
  • 井上 紅扇
  • 小幡 敬子
  • 亀川 清苑
  • 河本 春草
  • 児玉美知子
  • 佐藤 知翠
  • 陣野 玲水
  • 中野 陽子
  • 長谷川露水
  • 平井 華心
  • 福留 徳子
  • 堀尾 彩峰
  • 松井 幸子
  • 康本 玉耀
  • 山下 明鳳
  • 米田 淳風
奈良県
  • 青山 桂花
  • 田中 蘭香
  • 西脇 絢穂
岡山県
  • 有田 常洞
  • 川井 翠月
  • 山下 麗泉
広島県
  • 三谷 瑠瑩
山口県
  • 安達 仰春
  • 片岡 泰鳳
  • 吉田 茎迊
徳島県
  • 山川 千慶
愛媛県
  • 村越 真翠
福岡県
  • 岩橋 宝山
  • 川内 白瑛
  • 木藤 礼子
  • 城野 陽月
  • 竹内 啓風
  • 森  翠芳
  • 矢野 抱華
  • 山田 裕子
佐賀県
  • 木村 翠香
  • 中野千代美
熊本県
  • 海平 桑舟
  • 河野 信子
  • 楠元 蘇香
  • 坂本砂都美
  • 瀬原登貴子
  • 馬場 咲鳳
  • 濱石 苓香
  • 福嶋 蒼汀
  • 松岡 智美
大分県
  • 本田 暁扇
宮崎県
  • 石川 翠町
  • 井戸川房水
  • 服部  潤
鹿児島県
  • 有馬 秀峰
沖縄県
  • 玉城 芳岳
ロシア
  • 石嶋 圭香
香港
  • 峰平 桃攝
  • 以上310名

令和二年度 優秀教場・教室長表彰式 開催中止のお知らせ

謹啓 浅春の候、皆々様にはご健勝にて書道研鑽の日々をお過ごしのことと存じます。

世界中がコロナ禍の影響を受けたこの一年、先生方におかれましては様々に指導法も創意工夫され、大変なご苦労とご努力の日々であったと拝察いたします。

昨年の春、本会は感染予防対策を講ずるにも手探り状態の中、窮余の策として、版ごと別日程での月例審査会実施、「不二」誌の隔月発行の決断をいたしました。感染拡大防止のためだったとはいえ、皆様に多大なご不便をおかけいたしましたことは大変心苦しく、無念やるかたない思いであります。

しかしながらそのような困難な状況下にあっても、先生方が書への熱意を絶やすことなく、お教室でのご指導にご尽力くださったことは私共を勇気付け、そして生徒の皆様には大きな希望を与えたに違いありません。

新型コロナウイルス感染症の終息は未だ見えず、この度、緊急事態宣言の再延長決定を受け、四月三日の本会創立記念日に開催してまいりました「優秀教場・教室長表彰式」は、こうした世情に配慮し、誠に残念ではございますが中止を決定いたしました。つきましては、表彰式当日に授与の予定でございました表彰状をお送りし、表彰に代えさせていただきます。なお本年度におきましては、記念品贈呈も中止とさせていただきます。何卒事情ご賢察の上、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

「不二」誌は、月例審査に当たられる先生方の協力を得、令和三年度四月号より毎月発行を再開いたします。コロナ禍での試行錯誤の日々を糧に一歩を踏み出し、更なる発展を目指し邁進してまいる所存です。

末筆となりましたが、本会の目指す書道教育の発展とその未来は創立者・石橋犀水が掲げた「學・藝・道」の書道理念のもとに集い日々たゆまぬ努力研鑽を実践されながら、ご指導に当たられている優秀教場・教室長の先生方によって支えられております。

ここに深謝申し上げますとともに、今後とも伝統書道の継承、普及、発展に一層のご助力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

敬具  

 令和三年三月

公益財団法人 日本書道教育学会

会長 石橋 鯉城

令和元年度優秀教場・教室長表彰報告

令和元年度は315名の先生方を「優秀教場・教室長」として表彰させていただく予定でしたが、本年はコロナ禍によりやむなく表彰式を中止致しました。創立70周年という節目の年であっただけに、大変残念な次第です。

表彰式の開催はかないませんでしたが、優秀教場・教室長の先生方へは、石橋鯉城理事長より表彰状と記念品(創立70周年記念墨)を贈呈させていただきました。また、新しく優秀教場・教室長となられました40名の先生には、不二教場・教室名と教場・教室長のお名前を揮毫した標札もお届けさせていただきました。

令和元年度優秀教場長表彰記念品
創立70周年記念墨「冠」「左」
2020年10・11月号
不二一般版
漢字半紙(1級~5級)
漢字半紙(6級~10級)
新和様条幅(五段~準初段)
のお手本にも使用

〈平成30年度優秀教場・教室長表彰式〉の様子

表彰式の様子

表彰式の様子

懇親会の様子

懇親会の様子