公益財団法人日本書道教育学会

今月の課題

不二誌2019年2月号の課題を掲載いたします。
お手本はそれぞれの不二誌をご覧ください。

不二誌3月号 競書課題

初級版

半紙 幼年・一年生 ハナ
二年生 科学
三年生 助け合い
硬筆 幼年 おひなさま
あまざけ
一年生 三人かんじょ
ももの花
二年生 ふきのとうが土から顔を出した。
三年生 タンポポの黄色い花がさきました。
条幅 幼・一年生 やよい
二年生 春さめ
三年生 旅立ち

上級版

半紙 四年生 天女羽衣
五年生 世界平和
六年生 温故知新
硬筆 四年 クラスの力を合わせて文集が完成した。
五年生 風にふかれ、桜の花びらが音もなく散る。
六年生 みんなに祝福されて、学校を卒業していく。
条幅 四年生 春告草
五年生 走馬灯
六年生 展望台

中高版

漢字半紙 五段~誌友 月湧大江流
初段~四段 在原業平
10級~1級 初節句
かな半紙 五段~誌友 桜咲く遠山鳥のしだり尾のながながし日もあかぬ色かな
初段~四段 雪残る頂一つ国境
10級~1級 あ利 那と 尓は よろ らて そつ
漢字条幅 初段~誌友 心正筆則正
10級~1級 蜃気楼
かな条幅 10級~誌友 花ちるや権現様の御膝元
新和様 初段~八段 待てば海路の日和あり
10級~1級 小夜更けて雛のつゞみの聞えけり
ペン 初段~八段 日々に過ぎゆくさま、かねて想ひつるには似ず。一年のうちもかくのごとし。一生の間もまたしかなり。
10級~1級 まどろみかけた私の目に、海辺の広い緑の砂地が浮かんでくる。
日常の文字を書こう! 拝啓  敬具  先生  御礼  挨拶  皆々様

一般版

漢字半紙 準六段~会友 溫柔持氣節
準初段〜五段 心手雙暢
5級〜1級 蔵鋒之説最妙
10級〜6級 菓珍季柰
かな半紙 準六段~会友 かへり咲く木よりは高く落葉してしだれ桜は老いにけるかな
準初段〜五段 ゆ支の支尓不り可ゝれるよめる
そ世いほう之
者留多てはゝ奈とや三ら无志らゆ支の可ゝ礼る要多尓うくひすの那く
5級〜1級 者難能意呂乃美留面安久末轉弊末新可波 雲久散羅末之難尓保非奈可良毛
10級〜6級 はるさめはいたくなふりそさくらはなまたみぬ人にちらまくもをし 赤人
新和様半紙 準六段~会友 とかくして家を出づれば日光のあたたかさあり息ふかく吸ふ
準初段〜五段 何となく自分を嘘のかたまりの如く思ひて目をばつぶれる
10級〜1級 土筆なつかし一銭玉の生ゐし日
漢字条幅 準六段~会友 廻流宛會稽
準初段〜五段 朝辭白帝彩雲間 千里江陵一日還
10級〜1級 夜雪有佳趣
かな条幅 準六段~会友 春日野の若菜つみにや白妙の袖ふりはへて人のゆくらむ
準初段〜五段 夕月夜潮みち来らし奈二波江のあしの若葉をこ遊るしら那三
10級〜1級 たんぽぽの寶と利から沙無限可難
新和様条幅 準六段~会友 垂乳根と詣でに来れば麻布やま子供あそべり御佛の前
準初段〜五段 水仙のたばにかくれてありにけりわが見出でたる白椿花
実用書 三重 津 伊勢 熊野 桑名
滋賀 大津 草津 長浜 彦根
京都 宇治 亀岡 舞鶴 福知山
細字研究室 10級〜2級 延命十句観音経
 観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄
 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心
篆刻 規定 文徳武功
随意 (好きな語句)
一字書 規定
随意

ぺんの力

基礎コース 規定課題 初段〜五段 私は二十歳、高等学校の制帽をかぶり、紺飛白の着物に袴をはき、学生カバンを肩に掛けていた。
5級〜1級 用途のないようなものが、実際は人間の知見を超えた働きがある。
10級〜6級 残雪 春潮 陽炎 雛祭 そつぎょう ひがんざくら
専攻コース 六段〜会友 或習俗而是非 大小之乘 乍沿時而隆替 有玄奘法師者 法門之領袖也 幼懷貞敏
初段〜五段 路地裏を進んでいくと、泣いている女の子を見つけた。衣装は汚れ、顔にも泥が付いている。後ろで結んでいるリボンが、天使の翼のようでかわいかった。
5級〜1級 いそいそとよろこぶ妻に従ひて夜半の桜を今日見つるかも
10級〜6級 値歡無復娯 每每多憂慮
随意課題 写経研究室 延命十句
つけペン 海手より日は照つけて山ざくら
筆ペン "杉並区伝統工芸展
〜伝承の技と美にふれる〜〈入場無料〉
期間 三月九日(金)〜十一日(日)午前十時〜午後五時
会場 産業振興センター
製作体験コーナー(有料)
• 手描友禅…ハンカチ手描き
• 彫刻硝子…一口ビアグラスほか
主催 杉並区伝統工芸保存会"
ボールペン 先週末蘭まつりに行ってきました 一面に埋め盡くされた蘭は気品に溢れ圧巻でした イベントは開始後まもなくで 花が生き〳〵として豊穣な香りが会場いっぱいに立ちこめていて とても癒されました
〒344−0134
春日部市立野五―一―二〇
古張優走様
比企郡嵐山町志賀二―九―七
大木戸藍
〒355−0214
専攻コース
(会友〜初段)
つけペン
"清水へ祇園をよぎる桜月夜
こよひ逢ふ人みな美くしき"
専攻コース
(会友〜初段)
筆ペン
ボッチャ体験と
 障害者支援ボランティア講座
パラリンピック種目の「ボッチャ」を体験しながら、障害者支援について考えます。
日 時  3月15日(金)13:00〜15:30
会 場  すこやか福祉会館
対 象  市内在住・在勤・在学の方
費 用  無 料(先着20名)
申込み  高田市ボランティアセンター
     (電話 876-5431)
専攻コース
(会友〜初段)
ボールペン
多田親愛和歌
書風は近衛予楽院や小野鵞堂などと共通した面を持っている。その中にも親愛のものは瀟洒な趣がある。用筆は直筆に近く、穂先をよく利かせ、転折はあまり力んでいない。いわゆる柳葉を思わせる線が支配的である。