公益財団法人日本書道教育学会

今月の課題

不二誌2020年1月号の課題を掲載いたします。
お手本はそれぞれの不二誌をご覧ください。

不二誌1月号 競書課題

初級版

半紙 幼年・一年生 あさ
二年生 朝日
三年生 わらい声
硬筆 幼年 たこあげ
カルタとり
一年生 お年玉
ありがとう
二年生 友だちからのうれ
しい年がじょう。
三年生 元日に神社へおま
いりに行きました。
条幅 幼・一年生 はつひ
二年生 光さす
三年生 門まつ

上級版

半紙 四年生 寒の入り
五年生 独楽回し
六年生 清少納言
硬筆 四年 鏡開きの日においしい
おしるこをいただいた。
五年生 初もうでの日、今日は
にぎやかな境内。
六年生 燃えあがるどんど焼き
に一年の健康を願った。
条幅 四年生 歌会始
五年生 松竹梅
六年生 銀世界

中高版

漢字半紙 五段~誌友 時聞折竹聲
初段~四段 獨見之明
10級~1級 来萬福
かな半紙 五段~誌友 宇可里計流人乎はつ世の山おろしよ者希し可禮と八以のら怒も能を
初段~四段 田子の浦尓うちいてゝ見れ盤しろ多への不二濃た可ね二ゆ支八ふりつゝ
10級~1級 ほし はれ ぬふ ねて ゐの 阿ら
漢字条幅 初段~誌友 事 異 即 備 變
10級~1級 足以極視聴之娯
かな条幅 10級~誌友 梅王可菜丸子の宿能とろゝ汁
新和様 初段~八段 福寿草家族のごとくかたまれり
10級~1級 七草なずな 唐土の鳥が 日本の國へ わたらぬ先に
ペン 初段~八段 海よ、僕らの使ふ文字では、お前の中に母がゐる。そして母よ、
仏蘭西人の言葉では、あなたの中に海がある。
10級~1級 齋戒沐浴 挨拶 験を担ぐ
さいかいもくよく げんをかつぐ
日常の文字を書こう! 賀正  頌春  御指導  元旦  謹賀新年
一字書 かな一字書
漢字一字書

一般版

漢字半紙 準六段~会友 書罷籠●去
準初段〜五段 體老壯之異時
5級〜1級 辰宿列張
10級〜6級 人必以謙
かな半紙 準六段~会友 紅の水木の枝を折りあそび夕べの道に子等と吾と居り
準初段〜五段 毛ろこし尓弖徒支をみてよ見ける あへのな可末呂
あ末能はら不りさ介みれ盤か須可奈る 美可さのや末尓いてし徒支可无
5級〜1級 支みとわれい可那ることをち支利介む む可し能よこ所しら末ほし介禮
10級〜6級 さみ多れのつ支は
つれなきみや末よ
利ひとりもい徒る
時鳥可な 定家
新和様半紙 準六段~会友 年來るとあらましごとに思ひ燃ゆ夏炉冬扇のたぐひなれども
準初段〜五段 経験をかしこく生かすならば 何事も無駄ではない
10級〜1級 墨も濃く先づ元旦の日記かな
漢字条幅 準六段~会友 水能性澹為吾友 竹解虚心是我師
準初段〜五段 遠水帯烟争晩色西風挟雨作寒威
10級〜1級 開門雪満山
かな条幅 準六段~会友 わが君は千代に八千代に細れ石のいはほとなりて苔のむすまで
準初段〜五段 あらたし支年の始免能八つ者流の気婦ゝる起のいやし介吉事
10級〜1級 山さと八万歳お曽し梅の花
新和様条幅 準六段~会友 わが心しづかに張りて思ひなしこのよき時を何に謝すべき
準初段〜五段 雪の上を流るゝ霧や低からし天には満ちて光る星見ゆ
実用書 神田孝雄 重山雪峯 杉本裕子 寺谷紅雨 清家友紀
細字研究室 10級〜2級 延命十句観音経
 観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄
 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心
篆刻 規定 寿修
随意 (好きな語句)
一字書 規定
随意

ぺんの力

基礎コース 規定課題 初段〜五段 雪舟は中国に渡って多くの絵画技法を学び、帰国後は各地を訪ねて日本の水墨画を完成させた。
5級〜1級 ふとしたきっかけで作られた人間関係は大切にすべきだ。
10級〜6級 屠蘇 初富士 寒稽古 かがみもち はつわらい
専攻コース 六段〜会友 忽披枉書。已銷陶爾。御香兩裹。及左衞士。督尊書狀。並謹領 訖。迫以法緣。暫闕談
初段〜五段 去安元三年四月廿八日かとよ。風烈しく吹きて、静かならざりし夜、戌の時許、都の東南より火出て来て、西北に至る。
5級〜1級 雪深し黙みゐたれば紅の月いで方となりにけるかな
10級〜6級 千山鳥飛絶 萬径人蹤滅
随意課題 写経研究室 延命十句
つけペン 正月の子供に成て見たき哉
筆ペン サイエンスショー
〝ドローンの世界〟
ドローンによる空撮映像を大スクリーンで見てみよう!
日時 一月十八日(土)午後一時〜三時
場所 しながわ未来館 視聴覚室
入場料 無料(先着八十名)
申込み 品川区立社会教育センター
      電話 三七八一-二四五九
ボールペン 謹んで新年のお慶びを申しあげます 今後とも相変わらぬ御指導と末永いお付き合いをお願いします。 令和庚子 元旦
〒221−0021
横浜市神奈川区子安通四−二
根津美晴様
大田市五十猛町八〇−三
猪瀬 進
〒694−0035
専攻コース
(会友〜初段)
つけペン
大空の月の光し清ければ影見し水ぞ
まづこほりける
専攻コース
(会友〜初段)
筆ペン
新春文化講演会
〜川俣宏二、怪異・妖怪文化を語る〜
博物学者、小説家、収集家、妖怪学者、翻訳家など膨大な分野で活躍する川俣氏の講演です。家族揃ってご来場ください。

 日  時 令和2年1月12日(日)
         14時〜15時30分
 会  場 郡山市公会堂大ホール
 入場料 無料(定員500名)
 申 込 み 郡山市立社会教育センター
      (電話 2 3 4 − 5 6 7 8
専攻コース
(会友〜初段)
ボールペン
芭蕉は当時の俳壇に飽きたらず、低俗な檀林風に反抗して清新な蕉風を樹立した。これはただ漠然と反抗したのではなく、浅いものから深いものへ、皮相から本質へ、虚偽から真実へ、芸術の本質的な世界へ飛躍したのである。それは深い真実からの再出発であった。